【恋愛マスターくじらさんが伝授!本当に幸せな恋愛とは?】その4「婚活パーティーで選ばれず、自信を失っていませんか」

【恋愛マスターくじらさんが伝授!本当に幸せな恋愛とは?】その4「婚活パーティーで選ばれず、自信を失っていませんか」

フラレても、それは恋愛が始まらなかっただけの話

婚活パーティーで選ばれなかったとか、数回デートに行ったけれど、発展しなかったとか。その時点でフラレても自分を否定されたわけじゃありません。恋愛が始まらなかっただけの話。だって、お互いのことを知らない状況でフラレているんだから、相手に自分と恋愛を始める気がなかった、それだけのことですよ。

「あの人、私と恋愛を始めたら楽しかったのに、もったいないわ!」って思わないと。あなたも相手にそれぐらいの愛を注ぐつもりでいたわけでしょう? だからいいんです。自信を持って!

恋愛下手な人ほど、結婚に価値を感じすぎています。「結婚=幸せ」じゃないですよ。表向きは幸せに見えても、地獄のような家庭もいっぱいあります。

結婚はひとつの通過点でしかないと思うんですよね。僕たちが見えている夫婦のカタチなんて、点でしかないじゃないですか。ほんの一瞬の小さな点に固執しすぎ。

結婚適齢期を気にするのは、日本人ぐらいなんだそうですよ。イタリア人はふたりの感覚で結婚するものと考えているから、パートナーで居続ける場合もあるようです。「もうそろそろ結婚したほうがいいのでは」なんていうのは、一部の偏った考えなんです! 

結婚はエンターテイメントじゃないんだから。自分がいいと思ったらすればいいし、大反対されても、ひとりがいいならそれが正解なんです。

自分が選んでいるなら、その恋愛が最上なんです

僕は、不倫から本気になることもあると思っていて。ただ、男性側はふたりの女性を相手にしているから、嘘もたくさんつくでしょう。「結婚する」と言って、離婚しない場合が多いだろうし。だから、行動で彼の本気を確かめるしかありません。

思い切って「籍を抜くまで会わない」と告げてみてはどうですか。あなたとの関係を続けたいのであれば、籍を抜くと思いますよ。なぁなぁで抜かないのであれば、こっちが引かないとダメ。だって、そんな行動に愛を感じられないですよね。

もし「それでもいいよ」って、あなたが言ったんだとしたら、それは自分で決めたことなのだから、その恋愛は最上だってことなんでしょう。苦しいのは当たり前として、やっていくしかない。

僕は恋愛における善悪なんてものは、時代にも人によっても違うと思っています。ダメな恋愛なんてない。

だからこそ、自分で決めて続けている恋愛は最上だと思ってほしいんです。

 

 

恋愛マスターの格言:恋愛における善悪は時代や人と共に変わる、ダメな恋愛なんてない

1 2
占い アラフォー 恋愛運 恋愛講座 浮気事件簿 恋愛 婚活 不倫 運勢 アプリ 派遣 占星学 時短 貧困女子 アラサー 結婚 金運 美人探偵 派遣女子 iPhone
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!