【恋愛マスターくじらさんが伝授!本当に幸せな恋愛とは?】その4「婚活パーティーで選ばれず、自信を失っていませんか」

【恋愛マスターくじらさんが伝授!本当に幸せな恋愛とは?】その4「婚活パーティーで選ばれず、自信を失っていませんか」

Twitterや[email protected]を使って、さまざまな恋愛相談に答える芸人のくじらさん。名言回答を次々に繰り出したことから、今では“恋愛マスター”の称号を得るほど。ブログ「君はモテないんじゃない、フラれてないだけだ」も人気となり、恋愛指南書『世の中には、誰とでも幸せになれる人と、誰といても幸せになれない人の二通りしかいない。』(宝島社)を発売。

出会いがない、婚活疲れ、そもそも恋愛の仕方がわからない!と悩み多き私たちにくじらさんからズバズバっと、恋愛を斬っていただきます!~その1~はコチラ、~その2~はコチラ、~その3~はコチラ

くじら……太田プロダクション所属。お笑い芸人であり、ものまねタレントとしても活動。「○○スターシリーズ」のものまねで大ブレイク後、ツイッターで始めた恋愛相談がきっかけで恋愛マスターと呼ばれるようになる。「恋愛マスターくじらの恋愛相談LINE@」を運営。初の著書『世の中には、誰とでも幸せになれる人と、誰といても幸せになれない人の二通りしかいない。』(宝島社)が発売中。https://ameblo.jp/quddila/

スペック重視なら、一心不乱に突き進め

婚活アプリを使うことは、出会いの確率を上げる意味でもいいと思います。ただ男性を選ぶときに条件だけを気にして、本質にたどり着いていないのでは?

結婚は「一緒にいたい」の発展形。年収がいくらか、身長、学歴がという条件ばかりを気にするあまり、気の合う人がいるのに条件が外れているという理由で出会えていないかもしれませんよ。勝手にいないものにしてしまっている可能性が。

容姿などは好みなので、スペックを気にするのは仕方ないとは思うんですが、絞ったら絞っただけ確率は下がることをもう一度思い出してほしい。

知り合いの女性に若い頃から「イケメンと結婚する」と決めていた人がいたんです。その子は、ゆりあんレトリィバァをちょっと痩せさせたぐらいの容姿で、ビジュアル的にはそこまでいいとは言えないんですね。でも、その決意はかなり固くて。

ふたりで居酒屋で飲んでいても、お客さんの中にイケメンがいたら「ごめん」って言ってそこに行っちゃう。それを永遠に繰り返していたんです。

イケメンの知り合いをたくさん作って、その中から自分の条件に合った人と結婚しましたよ。今は子供もいます。

それぐらいのバイタリティーがあれば、条件を言う権利があると思うし、見つけることもできるんです。彼女は自分のことも客観視できていたので、待っていてはイケメンがこないこともわかっていた。モテファッションを突き詰めるよりも、ずっと現実的なやり方ですよね。初めから妥協していないし、自分を隠して恋愛をしていないわけですから。

スペックを重視するならば、それぐらいのガッツで取り組まなきゃいけないということです。

 

ブサイクの先にイケメンはいる

合コンでよく耳にするのが「今日はハズレだったね」という会話です。明らかにテンションを下げて最初から男性たちと繋がる気がゼロ。

好みのタイプがいなかった、会話もおもしろくなかった、そんな男性だけが集まった日もあるでしょう。でも、その場をなぜ、楽しめないのですか。

それでは男性たちだって繋がりたい気持ちが失せて、変な感じでその合コンは終わってしまいますよね。ハズレだと思ってもその場が楽しかったとしたら。連絡先を交換していたとしたら。ブサイクな男性が次の合コンでは、イケメンを連れてきてくれるかもしれませんよ!?

ブサイクの先にイケメンがいる。辿っていけば、イケメンはいる。それを忘れないでください。

恋愛に発展しなくったって、友達を増やすだけになったって、人生を豊かにする出会いだと思えばいいのです。

1 2
美人探偵 恋愛 iPhone 占い アラサー 結婚 派遣 占星学 運勢 アプリ 恋愛講座 不倫 婚活 金運 貧困女子 派遣女子 浮気事件簿 アラフォー 時短 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!