【派遣女子・どうして更新されないの?】選択基準はやりたいことよりブランドがすべて、その結果、大卒派遣に!~その1~

【派遣女子・どうして更新されないの?】選択基準はやりたいことよりブランドがすべて、その結果、大卒派遣に!~その1~

パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり派遣先に就業に行く契約で、派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「なぜ派遣を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている大竹由美さん(仮名・28歳)にお話を伺いました。

肩までのボブヘアで、白地に紺色のボーダーシャツにベージュのチノパン、水玉模様の靴下に白いキャンバス地のスニーカーを合わせていました。素肌に見えるような薄づきのベースメイクに、漆色のアイラインを入れた目元が引き立っています。黒縁の眼鏡に、カジュアルなデジタル式の腕時計をあわせた着こなしは、まだ学生のような雰囲気です。「2つ下の妹と同居しているので、たまに靴やバッグは共有しています」と話す由美さん。

現在は、旅行会社で海外の旅行代理店の担当者とのやり取りをする、インバウンドの手配業務を行なっています。「少し前まで働いていた派遣先が、3年ルールのために契約が終了したんです。本当はどこかの正社員になりたいんですけど、まだ派遣社員です……」

由美さんは岡山県岡山市で生まれ育ちました。団体職員をしていた父と、企業の社員食堂で調理補助として働いていた母、2歳下の妹の4人家族です。

「母は管理栄養士の資格を取っていたので、職場が変わっても調理の仕事を続けていました。父の実家は、地元で簡易郵便局を経営していて、父は地元で保険関係の仕事をしていました」

中学時代から、吹奏楽部や軽音楽部に所属してドラムを叩いていました。今も、友人と趣味で音楽活動をしています。

「中学は、電子音楽はダメって先生が言っていて、軽音楽部がなかったんです。いつかバンドを組んだり、歌ってみたいと思っていたので、吹奏楽部に入ってドラムを担当していました」

要領の良い妹と比べられるのが嫌で東京の大学へ

1 2
占い アプリ 派遣 恋愛 結婚 貧困女子 婚活 運勢 アラサー 占星学 派遣女子 恋愛運 iPhone 美人探偵 不倫 恋愛講座 金運 時短 アラフォー 浮気事件簿
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!