男女の壁を超えるには? 『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』のヴァレリー・ファリス&ジョナサン・デイトン監督夫妻に聞く~その1~

男女の壁を超えるには? 『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』のヴァレリー・ファリス&ジョナサン・デイトン監督夫妻に聞く~その1~

1973年に女子テニスの世界チャンピオンで29歳のビリー・ジーン・キングと、元男子チャンピオンで55歳のボビー・リッグスが真剣勝負に挑む。それは女子の優勝賞金が男子の1/8であることに抗議したビリー・ジーンの、男性優位主義社会への挑戦状だった――。実話を基にした映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』のヴァレリー・ファリス&ジョナサン・デイトン監督が来日。二人に、夫婦だからこそ感じる映画づくりの楽しさや、仕事でもプライベートでも“相棒”として深い絆を築くコツを聞きました。

ヴァレリー・ファリス(左)&ジョナサン・デイトン監督(右)。『リトル・ミス・サンシャイン』で長編映画監督としてデビュー、その他『ルビー・スパークス』も撮ったオシャれ~な実力派。

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』 (c)2018 Twentieth Century Fox

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』
(配給:20世紀フォックス映画)
●監督:ヴァレリー・ファリス&ジョナサン・デイトン ●出演:エマ・ストーン、スティーブ・カレル、アンドレア・ライズブロー、ビル・プルマン、アラン・カミング ほか ●7月6日より全国公開

(あらすじ)
男女平等を訴える運動が盛り上がりを見せる1973年、全米女子テニスチャンピオンのビリー・ジーン・キング(エマ・ストーン)は全米テニス協会を脱退し、仲間と女子テニス協会を立ち上げる。私生活では優しい夫がいたものの、同性の美容師であるマリリンと恋に落ちるビリー。ある日、元世界チャンピオンのボビー・リッグス(スティーブ・カレル)から、驚くべき試合を持ち込まれる。それは賭け事で負債を抱え、妻(エリザベス・シュー)との関係が悪化したボビーの一発逆転を狙う作戦だった……。

男女平等がいまどのような状況なのか?

今回の『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』のオファーが来たときは、どう思いましたか?

ヴァレリー・ファリス(以下、ヴァレリー)「お話をもらった2015年はアメリカ大統領選挙戦に突入するころ。ヒラリー・クリントンが立候補することはすでにわかっていて、その対立候補はたぶん男だろうと。すると女vs男という図式になり、男女平等がいまどのような状況なのか?確認するのにちょうどいいタイミングだなと」

ジョナサン・デイトン(以下、ジョナサン)「と同時に、かなり多くの人が知らないビリー・ジーン・キングのセクシャリティー(性的志向)についても描けると思ったんです」

ビリー・ジーン・キングvsボビー・リッグスの試合を、リアルタイムで観ていましたか?

ヴァレリー「若いころ?観てないわ」

ジョナサン「ニュースでたくさん目にしたけどね。でもこの映画を撮るにあたって研究しまくりました」

女性と男性の視点を持つことが出来るという意味で、この題材はお2人にピッタリですよね。映画をつくりながら、そこは意識を?

ジョナサン「基本的に2人で話し合いながらつくるので、僕は自然と男の視点から意見を言いますよね。すると過去の人生経験が反映されるはずで、特に男性を代表して!と考えていたわけではありません。でも今回のストーリーは特に女性にとって共感する部分が大きいでしょうね。まあ僕たち夫婦の戦いも、だいたい彼女が勝つんだけど」

ヴァレリー「そうよ!だって私はいつだって正しいんだもの(笑)」

1 2


アプリ 結婚 派遣女子 金運 不倫 恋愛講座 アラフォー 浮気事件簿 婚活 美人探偵 恋愛運 派遣 占い 恋愛 セカンド アラサー iPhone 運勢 時短 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!