【派遣女子・どうして更新されないの?】腰に入れたタトゥーが原因で職場で孤立。人間関係のわずらわしさから外資系企業狙いで派遣に~その2~

【派遣女子・どうして更新されないの?】腰に入れたタトゥーが原因で職場で孤立。人間関係のわずらわしさから外資系企業狙いで派遣に~その2~

かつては自分の時間が欲しい、自由な時間を謳歌したいという女性たちに支持された派遣という働き方。今回は、都内で派遣社員として働いている奥山裕子さん(仮名・28歳)にお話を伺いました。

裕子さんは千葉県柏市で、配送業者で長距離ドライバーをしていた父と、化粧品販売業をしていた母の3人家族でした。しかし、彼女が中学を卒業するころに両親は離婚します。子供のころから、親は仕事で忙しく家を空けがちだったため、祖母の家で過ごす時間のほうが長かったそうです。中学では目立たない生徒でしたが、自由な校則の高校に入学すると髪形やスカート丈などに気を使うようになります。高校では放課後はバスケットボール部に所属し、友人にも恵まれますが、文化祭の打ち上げの時に飲酒や喫煙していたのが発覚してしまい、厳重注意を受けます。そこから日本の息苦しい学校に進学するのが嫌になり、卒業後はアメリカに語学留学。帰国後は、フリーターをしながら英会話の勉強を続け、専門学校に入学します。卒業旅行で訪れたタイで、記念に腰にタトゥーを入れたことが彼女を派遣社員の道に……。

専門学校に来ていた求人で、海外からタイルなど内装材を輸入している企業に就職しました。

「一応、英語力を期待されて採用が決まりました。中小企業だったので、月2回、午前という名目の土曜出勤日があったり、給料から天引きの積立金で2年に1度社員旅行がありました」

70人ほどの社員数だったため、社員すべてが顔見知りだったと言います。

「社員旅行が、温泉がついた旅館が宿泊先だったんです。それまでも、机の下に落ちたペンを拾うためにかがんだ時に、腰のタトゥーが見えたみたいで”入れ墨入れている”って噂されたことがあったんです。でも悪いことをしているわけではないから、隠さないで温泉に入っていたら、次の日から一部の人の態度が変わったんです」

派手目なネイルなど、それまでも社内で少し浮いた存在だったという彼女。タトゥーがばれてからは、孤立してしまいます。

「職場のルールで、出社した時や、退社するときには必ず挨拶をしなければならなかったんです。でも明らかに挨拶をしてくれない人や、階段ですれ違っても無視する人が出てきました。最初は社歴が長い年配のパートの女性社員だったのですが、その人がリーダー格だったので、ほかのバイトの人たちもみんな無視してくるようになりました」

仕事をきちんとしていれば、身なりは関係ないと思い、タトゥーもエスカレートします。

「そんなことで無視されるならって思って、今度は足の甲にもLOVEって文字を入れたんです。社内でサンダルでいたら見えたみたいで”やっぱり……”とほかの社員が噂しているのが聞こえました」

結局、社員として働いていた輸入業の企業を、3年務めて退社します。

「母親に相談したのですが、”好きなようにしなさい”と言われたので、夏のボーナスの支給を待って、依願退職しました。ちょうどそのころ付き合っていた年上の彼氏が実家の家業を継ぐために、神戸に住むことになったんです。ついていこうと思ったので、仕事に未練があまりなかったんです」

退職した後は、当時付き合っていた彼氏についていき神戸で生活を始めます。

「兵庫県で同棲を始めました。神戸は相手の地元だったんですけど、自分にとっては初めて住んだ土地で、最初は観光したり見て回ったりして楽しかったんです。でも街の規模があまり大きくないので、すぐに飽きてしまったんです。結婚願望はまだなかったのですが、相手がはっきりしない態度だったので1年で実家に戻りました」

”自分ではよく考えてから行動をしている”という裕子さん。しかし、周りからは自由に生きていると思われているそうです。

「大学出て就職をした友人と会うと、私の生き方は行き当たりばったりだっていうんですけれど、先がわかる人生ってつまらないじゃないですか。神戸にいた時、短期派遣で地元の旅行会社で働いていたんです。また実家で暮らし始めたのですが、今度は大手の派遣会社に登録しました」

将来に不安を感じながらも、気軽に海外旅行に行ける派遣を選ぶ

1 2
恋愛講座 恋愛 結婚 運勢 アプリ iPhone 時短 金運 美人探偵 アラサー 派遣 アラフォー 不倫 浮気事件簿 派遣女子 占星学 貧困女子 恋愛運 婚活 占い
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!