【派遣女子・どうして更新されないの?】腰に入れたタトゥーが原因で職場で孤立。人間関係のわずらわしさから外資系企業狙いで派遣に~その1~

【派遣女子・どうして更新されないの?】腰に入れたタトゥーが原因で職場で孤立。人間関係のわずらわしさから外資系企業狙いで派遣に~その1~

パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり派遣先に就業に行く契約で、派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「なぜ派遣を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている奥山裕子さん(仮名・28歳)にお話を伺いました。

明るめの茶髪でふんわりとした肩までのウェーブヘアに、薄いブルーと白色のストライプのシャツを胸元のボタンを開けて、ボトムには薄いブルーのスキニーデニム、ヒールの高い黄色のパンプスを履いていました。ブランド物の大き目の白地トートバッグには、無造作に荷物が詰め込まれていました。「母親と同居しているのですが、靴とかバッグとか共有しているんです」と語る裕子さん。

現在は、外資系の保険会社で、営業事務として働いています。「実はワンポイントのタトゥーを入れているのがばれて、仕事を辞めたことがあるんです」という彼女。職場のわずらわしい人間関係が嫌なため、正社員や契約社員になることを考えていないと言います。

裕子さんは千葉県柏市で生まれ育ちました。配送業務のドライバーをしていた父と、化粧品販売の母の3人家族でした。

「両親は、私が中学を卒業する頃に離婚しました。両親は仲が悪かったのですが、私の高校受験が済むまでは我慢して一緒にいてくれたみたいです」

現在は、母と千葉県のマンションで暮らしています。

「父は仕事が忙しくて家をずっと空けていたんです。母も販売業だったので休みの日もいないことが多くて、休日はおばあちゃんの家で過ごしていたので、そっちの記憶の方が強いですね。両親の離婚後は、母の実家近くのマンションに引っ越しました。今も母とは仲が良くて、LINEで連絡したりしています」

両親の離婚をきっかけに、高校デビュー。飲酒がばれ厳重注意

1 2
金運 アラサー 恋愛運 貧困女子 不倫 結婚 セカンド 美人探偵 iPhone 浮気事件簿 アラフォー 派遣 占い アプリ 運勢 恋愛講座 派遣女子 婚活 時短 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!