【私の場合】勉強会はハラスメントの温床、他社の管理職オジサンから出張ごとに「飲もうよ」と誘われ……~その1~

【私の場合】勉強会はハラスメントの温床、他社の管理職オジサンから出張ごとに「飲もうよ」と誘われ……~その1~

ハリウッドで表面化したセクハラ問題をきっかけに、SNSなどで性暴力被害者に連帯する「#metoo」運動が拡大。そして、あらゆるハラスメントの根絶、マイノリティーの安全、平等を求めるセクハラ撲滅運動「TIME’S UP」も注目されるようになりました。そこで目を向けたいのは、一般人である女性が受けたセクハラ、パワハラについて。彼女たちが、様々なハラスメントにどう向き合ったのかを本連載では紹介していきます。

お話を伺った深川亜弥さん(28歳・仮名)は、「セクハラやパワハラは職場だけではありません」と言います。亜弥さんは華奢で小柄で女性らしい。目が大きく、小型犬のような愛らしい顔立ちをしています。透け感があるシフォンブラウスに、レモンイエローの花柄膝丈フレアスカートを合わせていました。いわゆる「オジサン」がちょっかいを出したくなるキャラクターではあります。

「勤務している会社は、ベンチャー企業の広報、PR、総務などを代行するほか、行政の申請手続きなどさまざまなサービスを展開しています。会社は女性が多く、基本的に忙しいので社内パワハラはないのですが、仕事の性質上“下請け”の立場なので、パワハラ、セクハラが日常的に行なわれています。パワハラはまあ仕方がないとしても、問題はセクハラです。しつこい飲みの誘いや、“女性らしさ”の要求は本当に迷惑。アラフォーの女性上司にその実情を訴えても、“そのくらい、セクハラにならないわよ~。私なんて●●さんにむりやりキスされたりしたんだから。今なんて誰も私に女として興味を持ってくれないわよ~。むしろ、女として見てもらえるなんてうらやましい♪”と楽天的過ぎることを言われて、誰も私のことを守ってくれない。やはり、20代の女性って立場が弱いですよね。自分に自信はないし、お金もないし、転職するにしても、どこで誰がつながっているかわからないから、下手なことはできないし……」

亜弥さんが最も憤っているのが、異業種交流会でのセクシャルハラスメントだった。

1 2
セカンド 恋愛 恋愛運 不倫 美人探偵 アラサー 派遣 iPhone 恋愛講座 運勢 派遣女子 浮気事件簿 貧困女子 アラフォー 婚活 占い 時短 結婚 金運 アプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!