【沼にはまる女たち】まぶたの二重プチ整形を皮切りに全身整形総額500万円越え「実母にブスと言われて育った」30代OLがはまる美容整形沼~その1~

【沼にはまる女たち】まぶたの二重プチ整形を皮切りに全身整形総額500万円越え「実母にブスと言われて育った」30代OLがはまる美容整形沼~その1~

どこにでもいる女性でも気が付くと、その世界の『沼』にハマってしまうケースを紹介するこのシリーズ。今回の沼は、とどまることを知らない美の欲求を追い続けてハマった「整形」沼です。

激務によって揺らぐ「ブスなのに生きている私」の存在意義

「どこを整形したんだろうって思ってますよね?整形したところで、絶世の美女になるわけじゃないんですよ、ブスは」と言って彼女は微笑しました。

極細の人脈を辿り続け、「顔出しナシなら取材に応じてくれるって」という方の紹介で夕子さん(37歳)に出会ったのが、春の終わり。その時点で美容整形に500万円を投じていると聞いていたし、「岡崎京子の漫画に『へルタースケルター』ってあったでしょ?沢尻エリカ主演で映画にもなったやつ。でさ、“あの子はね、もとのまんまのもんは骨と目ん玉と髪と耳とアソコぐらいなもんでね あとは全部つくりもの”ってセリフ、覚えてる?彼女はまさにそんな感じ」という事前情報もあったので、もっとこう何か特別な、いわゆる人工的な質感を想像していました。しかし、彼女はナチュラルメイクにも関わらず、本人の言う通り、実際、どこを整形したのかわかりませんでした。

だからといって、ブスだと思ったわけではありません。有名人でいうと、女優の吉岡里帆さん似の、透明感と清潔感のある大人の女性です。

「最初にやったのは二重まぶたの手術です。24歳のときですかね。新卒で入った会社が超絶忙しくて、ほぼ会社に寝泊まりしているような生活だったんです。メイクはおろか、目ザイクする心の余裕もなくなってきて……。寝られないストレスと食べないと死ぬっていう危機感から、栄養価の高いものばっかり食べているうちにどんどん太ってもきちゃって。同僚や口の悪い先輩に“お前、ブスに拍車かかってるぞ”なんて言われて……。で、ブス隠しのためにマスクとレンズ色がかなり濃いブルーライトカットの眼鏡をかけて仕事してたんですが、自分がなんのために生きているかわからなくなっちゃったんですよね。ブスを晒しながら仕事してることに、何の意味があるんだろうって。他の子たちは、彼氏だ合コンだ女子会だって浮かれてるに違いないのにって。

明け方まで仕事して、家に帰って。でも、寝付けなくて……ってときあるじゃないですか。で、ある日、資料用に持ち帰ってたファッション雑誌をパラパラってたら、これまた可愛い子たちがキラキラした姿で笑ってて。泣けてくるんですよ。みんながみんな、カメラ目線なだけに、私に向かって“こっち見んな、ブス”って言われているような気がしました。当時は明らかに病んでましたね(笑)」

その雑誌の後ろのページにあった美容外科病院の広告に、夕子さんは「呼ばれた気がした」と言います。「こっちこいよって(笑)。私、中学の頃から、目ザイクコスメ使ってて、二重なんて手術なんてしなくてもチョロイと思っていたんです。でも、その日は違って。二重にしよ!って思ったんですよね。広告に載っていた料金は10万円だったか15万円だったか……。忘れちゃいましたけど、安いと思った記憶はないです。むしろ、“私、こんなに頑張って働いてるんだから、これくらいのことしたっていいでしょ?”っていう感じ。よく言うところの“ご褒美消費”欲っていうやつでしょうか」

1 2
浮気事件簿 結婚 貧困女子 恋愛 iPhone アラサー セカンド 金運 時短 恋愛講座 派遣女子 占い アプリ 美人探偵 婚活 派遣 運勢 アラフォー 恋愛運 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!