Oggiエディターの三尋木奈保さんに聞く!「だらしなく見えない」オフィスファッションの極意とは

Oggiエディターの三尋木奈保さんに聞く!「だらしなく見えない」オフィスファッションの極意とは

湿度が増し、日差しも強くなり始める初夏。でもオフィスに入ると冷房がキツい……。この季節の通勤スタイルは、いつもにも増して「何をどう着ていくべきか」悩みがち。きちんとした印象を作りつつもおしゃれに見えるスタイルを、雑誌『Oggi』で活躍するファッションエディターの三尋木奈保さんに教えていただきます。

第2回は「だらしなく見えない」オフォスファッションの極意です。

☆☆☆

今年は「だらしなく見えない」ボトムが豊作

「だらしなく見せない」ということだけを考えれば、トップスをインにしたほうがきちんと感は確実に増します。そして、今年のボトムはハイウエストが主流となっているので、おのずと、トップスをインにしないと着られない……という状況にも。なので、「だらしなく見せない」は、今期登場しているボトムを手に入れれば、簡単に叶えられます。

とはいえ、トップスをインにするとウエストが強調されます。「だらしなくは見えないけれど、太って見える……」というのでは、おしゃれが楽しめないですよね。私は、「どうやったら、自分の体形が実際以上にスッキリ見えるか」というのがおしゃれの命題だと思っています。誰しも体形の悩みはあると思います。たとえば、雑誌などで、「細見えパンツ」など謳っているものでも、自分に本当にあてはまるとは限らないですよね。だから私はたくさんの洋服を試着して、自分に合うものを徹底的に、妥協しないで探します(笑)。基本は「自分の好みに合って、痩せてみえるかどうか」です。みなさんも、いろんなお店でいっぱい試着をして、「自分をいちばんきれいに見せてくれる究極のボトムを見つけ出す!」という執念をもってみてください。

カジュアルなボーダーだって、タックパンツにインにすれば、こんなにきちんとした印象に。

ペタンコ靴でもスッキリ見せるコツとは

ペタンコ靴は歩きやすくて、種類も豊富に出ているので通勤靴として活躍させている人も多いと思います。でも、脚を長く見せられない分、ヒール靴を履きなれている人には、「全体のバランスがうまくとれず、もっさりして見えてしまうから苦手」と感じることもありますよね。「もっさり見え」はだらしない印象にもつながってしまいます。それを払拭するのにおすすめなのが、「ペタンコのとんがり靴」。これまでは、バレエシューズのような、先のまあるいペタンコ靴が主流でしたが、今年はスタイリッシュなヒール靴のかかとをなくしたような、先のとがったペタンコ靴が多く登場しています。靴の先がとがっているとシャープな印象になり、全体の「シュッと感」に歴然とした差がでてきます。

また、前回お話した“ジャケパン”も、ペタンコ靴との相性がいいスタイルです。セットで着ればパンツスーツになる“ジャケパン”は、スタイルよく見せるシルエットを計算して作られています。そのため、全体のバランスが服そのものでとれる確率が高い。パンプスをジャケパンに合わせると女性っぽくてきれいだし、ローファーも似合います。安心してペタンコ靴も履けてしまいますよ。

三尋木さんのとんがりペタンコ靴。「私はプレーンなものより、ひとワザありのタイプが好き」(三尋木さん)右は“GU”、中央は“J&M デヴィットソン”、左は“ペリーコ”のもの。※本人私物のため現在は購入できない場合があります。ご了承ください。

全体を見たときに、テイストや組み合わせが合っていないとちぐはぐな印象を与えてしまい、「だらしなく見える」こともあります。全体のトーンを統一させるために、斜め掛けのポシェットにカジュアルでスポーティーなペタンコ靴を合わせスタイリッシュに見せる、という方法もあります。斜め掛けバッグは、アクティブで今っぽい感じが出せるアイテムのひとつ。会社の通勤ルールが緩めで、カジュアル度が高くてもOKであれば、太いストラップのもの、きれいめに仕上げたいのであれば、細いストラップの斜め掛けバッグを選ぶといいでしょう。斜め掛けにして、腰骨に本体があたるくらいにすると、ちょうどいいバランスになります。

1 2


iPhone 結婚 恋愛講座 婚活 アプリ 美人探偵 不倫 占い 時短 金運 浮気事件簿 運勢 アラフォー 派遣 恋愛 貧困女子 アラサー セカンド 恋愛運 派遣女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!