【派遣女子・どうして更新されないの?】“手に職を”という母の教えを無視したことが悔やまれる、葛藤多き派遣の日々~その1~

【派遣女子・どうして更新されないの?】“手に職を”という母の教えを無視したことが悔やまれる、葛藤多き派遣の日々~その1~

パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり派遣先に就業に行く契約で、派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「なぜ派遣を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている遠藤倫子さん(仮名・28歳)にお話を伺いました。ワンレングスの黒髪ボブに、白地に紺のストライプ柄のVネックカットソー、からし色のテーパードパンツに黒エナメルのパンプスを合わせた着こなしは、知的そうな雰囲気。ブラシでぼかしただけの自然な眉と、茶色を基調としたアイメイク、オレンジ色のチークと、明るめのオレンジレッドのグロスがメイク慣れした印象を受けました。「今は、来客対応が多いのでジーンズは穿かないようにして、オフィスカジュアルを意識しています」と言います。

現在はアプリやwebコンテンツを提供しているIT企業の人事部で、事務として働いています。「新卒の人がエントリーをし始める時期は、繁忙で日程調節などが大変なんですよ」

倫子さんは群馬県高崎市で生まれ育ちました。不動産会社に勤めていた父と、祖母が経営する美容室を手伝っていた母、そして3歳年下の妹の4人家族です。

「母は美容師免許を持っていたので、よく“手に職を持ちなさい”と言っていました。その影響なのか、妹は保育士の資格を持っているので地元で働いています。母は年齢の割に派手で、髪の色も金髪に近い茶髪だったので、子供の頃、学校行事とかに来てもらうのが嫌でしたね」

倫子さんの母が手伝う美容院は、今も営業を続けています。

「今も、美容院は母が開けています。ほとんどお客さんが来なくて、母の知り合いが話をするついでに、髪を切りに来ているみたいなものです。私も妹も店を継がないので、畳む日も近いですね。でも母は、“待っている人がいるから店は開け続ける”って言うんですよ」

大学のドイツ語学科に進学するも、勉強に興味が持てない日々……

1 2
不倫 セカンド 貧困女子 アラフォー 浮気事件簿 アプリ iPhone 金運 派遣 恋愛運 アラサー 恋愛講座 派遣女子 占い 婚活 運勢 恋愛 美人探偵 結婚 時短
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!