【恋愛講座】こんなことを言われたら要注意!不倫願望のある既婚男性がよく使う「口説き文句」4選

【恋愛講座】こんなことを言われたら要注意!不倫願望のある既婚男性がよく使う「口説き文句」4選

結婚している男性に言い寄られてしまい、気がついたら不倫関係になっていた、なんてことは絶対に避けたいですよね。

不倫願望のある男性は、下心を隠して言葉巧みに近づいてきます。言われたことを真に受けてしまうと、あとで大きく傷つく結果にもなりかねません。そのため、既婚男性が親しくしようとするときはどんな意図があるかをしっかり見極めることが大切です。

不倫相手を探す男性は、一体どんなフレーズをよく使うのでしょうか。今回はありがちな口説き文句と一緒に、どんな言葉を返せば相手の気持ちをそらすことができるのかご紹介します。なし崩し的に関係が発展しないよう、うまくあしらいましょう。

「嫁とは上手くいってないんだ」「妻との仲は冷めてるから」

まず、不倫願望を持つ男性の多くが口にするのがこちら。配偶者と不仲であることを真っ先にアピールして、「だから妻のことは気にしなくていい」と独身女性を安心させようとします。

実際は、妻とは仲が悪いどころか子作りの真っ最中であることもしばしば。また、妻が妊娠中で相手に困っているなど、女性が確認のしようがない事情が隠れていることもあります。

妻と上手くいっていないことが、不倫を正当化する理由には当然なりえませんが、男性は「寂しくて」「愛されたくて」と独身女性に甘えることで懐に入り込もうとします。

もし、近づいてきた既婚男性がこんなセリフを持ち出したら、「仲直りできないんですか?」「原因はわかってるんですか?」と、男性の焦点を自分から配偶者にそらす言葉を返しましょう。

自分との関係ではなく奥さんとのつながりに意識を向けることで、口説きたいという既婚男性の気持ちを折ることができます。くれぐれも、「それは大変ですね」など同調する姿は見せないことです。

「離婚しようと思っていて」「嫁が離婚してくれなくて」

妻とは不仲であることを伝えても、なかなかなびかない独身女性に向かって言いがちなのが、こんな言葉。

「離婚」という言葉は、独身女性にとって重い響きがあります。「自分は離婚したがっている」気持ちを見せることで、配偶者との関係が破たんしていると思わせたいのですね。

男性側が妻への愛情を完全に失っているとわかれば、不倫関係を受け入れてもいいと考えてしまう女性もいますが、本当に離婚していなければ人の道に外れたつながりであることに変わりありません。

もし奥さんに不倫がバレてしまい、慰謝料を請求されることになっても、相手が既婚者と知っていて肉体関係を持った以上は責任から逃れることはできないのが現実です。

離婚を言い出す既婚男性には、「離婚してからならお付き合いできますね」とはっきり宣言するのが効きます。「既婚者と関係は持ちません」という姿勢を見せることが大切です。

不倫相手が欲しいだけの既婚男性は、実際の行動を促されることで何よりバツの悪い思いをすることになります。

1 2
派遣女子 恋愛講座 恋愛 派遣 iPhone 貧困女子 占い 恋愛運 美人探偵 アプリ 時短 アラフォー 金運 婚活 不倫 運勢 占星学 浮気事件簿 結婚 アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!