【派遣女子・どうして更新されないの?】短大から消費者金融に就職、体育会系についていけず退職…キラキラPR会社でランチ散財の現在~その1~

【派遣女子・どうして更新されないの?】短大から消費者金融に就職、体育会系についていけず退職…キラキラPR会社でランチ散財の現在~その1~

パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり派遣先に就業に行く契約で、派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「なぜ派遣を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている亀山茜さん(仮名・32歳)にお話を伺いました。少し癖のある肩までの黒髪ボブに、白いニットワンピース、黒のストッキングにバレエシューズ風のペタンコ靴を合わせていました。薄めのファンデーションに、アイメイクとグロスだけ塗られたナチュラルメイクは、実際の年齢よりも幼く見えました。「本当は貯金をして、資格取得や自分磨きに使おうって思うのですが、いつも月末になるとお金が手元に残っていないんです」と言います。

現在は、ヨーロッパを中心とするファッションブランドやインテリアのライセンス商品をPRする企業で、総合事務として働いています。「周りがおしゃれな社員が多くて気後れしています」とも。

茜さんは埼玉県蓮田市で生まれ育ちました。建築会社で作業員として働いていた父と、クリーニング店の受付のバイトをしていた母、5歳年下の弟の4人家族です。

「母が凄く倹約家だったので、外食もほとんどしたことがなく育ちました。高校生の時に、都内へ遊びに行った帰りに同級生のお母さんがおしゃれなカフェに連れて行ってくれたんです。“こんなところに普段から行ったりするんだ”って羨ましく思った記憶があります」

子供の頃から家族で過ごす機会が多く、今も収入が少ないため実家で暮らしています。

「うちは蓮田市だったのですが、駅からバスに乗るような地域に住んでいたんです。家に車がなかったので、そんなに頻繁には遠くへ出かけたりはしなかったです。家族で都心に遊びに行くのにも、母が弁当を作ってくれて遠足みたいな感じでした」

他校に通う彼氏と一緒に学生でいたいために短大受験

1 2
iPhone 金運 恋愛講座 浮気事件簿 占星学 アプリ アラフォー 占い 美人探偵 貧困女子 アラサー 派遣女子 婚活 恋愛 時短 不倫 派遣 運勢 結婚 恋愛運
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!