【貧困女子】「職場でも飲む」アルコール依存症で解雇、老母が介護の自己嫌悪と嘔吐の日々~その1~

【貧困女子】「職場でも飲む」アルコール依存症で解雇、老母が介護の自己嫌悪と嘔吐の日々~その1~

女性誌『Losefatpro WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは、普通の毎日を送っていたはずが、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回、お話を伺ったのは、山本麻里さん(仮名・42歳)。かつては都内の広告代理店で営業職で活躍していました。

「38歳くらいまでは、同期の中でもナンバーワンの出世頭だったんですよ。ネットの広告が好調だった時期で、企画も通ったし、クライアントさんに喜んでもらって、仕事もやりがいがありました。でも、現場から本格的な管理職にさせられて、部下を使わなくては回らなくなった。すると、とたんに評価はガタ落ち。現場はできるけれど、管理がだめなんですよね。誰にでもいい顔したいし、みんなにデキる女だと思われたいんです。だから部下にもつい甘い顔をして、部下の仕事を“いいよ、私がやっとく”と自分で被るようになったんです」

部下は定時でさっさと帰り、麻里さんは深夜まで残業をするという日々が始まりました。

「雑用とかデータ作成、プレゼン資料の準備って、やってもやっても終わらない。それに、昔だったらネットで完成画像に似たようなイメージ画を探して資料にしていたのに、そのころから著作権などに厳しくなり、いちいち許可をとることに。すごく時間がかかるし、不毛な行為に感じてしまって。それに加えて数字の責任はのしかかってくるし、進行管理はしなくちゃいけないし、トラブルが勃発したりして、かなりパンク状態でした」

そんなときに、交際していた男性にフラれてしまう。

「39歳のときに、ダラダラ腐れ縁的に7年間付き合っていた10歳年上のバツイチの男性が、27歳の女のコとデキ婚しちゃったんですよ。彼女は小劇団の女優さんで、見るからにメンタルがヤバそうなコでした。彼はカメラマンをしていたのですが、私に内緒でモデルをSNSで勧誘して女性の希望通りのシチュエーションで写真を撮っていたのです。『不思議の国のアリス』のような世界観のものもあれば、ひまわり畑で笑っているようなものもありました。彼女とは、そこで知り合い親睦を深めていったようなんですよ」

仕事のグチを語る相手は、別の女性と家庭を築いてしまった。

「彼のことは好きではありませんでしたが、喪失感がすごかったです。彼は私の仕事のグチを聞いて、いつも励ましてくれてたんだと気が付きました。“彼氏がいないアラフォー”って孤独ですよ。友達はみんな結婚していて、仕事をしている人はきちんと管理職になっている。管理職になれる女性って、結婚してもうまくいっているんですよね。それに、ちょっとでもイケている独身男は、あれよあれよという間に若い女と結婚していきましたから」

白髪を染めたり、ネイルを整えたり、女子力が高い格好をすれば“痛い”と言われる。

「結局、独身女同士でつるんで、パワースポットや占いに行きまくっていました。アメリカのセドナまで行ったから、1年間で開運に300万円くらい使ったかも。それなのに、何もいいことは起こらない。むしろ状況は悪くなっていくんです。このとき、過食が止まらず、毎晩のように深夜にタクシーを飛ばして話題のレストランに行き、半年で10kg以上太ってしまいました」

理想の自分とかけ離れた現実を埋めるために、お酒は有効のように感じた。

1 2
恋愛運 運勢 占星学 アプリ 時短 アラフォー 浮気事件簿 婚活 派遣 アラサー 金運 恋愛 iPhone 結婚 貧困女子 占い 恋愛講座 美人探偵 派遣女子 不倫
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!