【貧困女子】娘の養育を義母に丸投げの42歳・元専業主婦。涙の告白とスピリチュアル依存~その1~

【貧困女子】娘の養育を義母に丸投げの42歳・元専業主婦。涙の告白とスピリチュアル依存~その1~

女性誌『Losefatpro WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたはずが、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回お話を伺ったのは、山田茉莉さん(仮名・42歳)。都内の広告代理店で、契約社員として働いています。

「今、借金が200万円あるんです。お金がないと、メンタルがヤバくなる。今もわなわな来て、ワキから変な汗が出るんです。200万円も借金があると、5万円とか10万円がはした金に見えるんですよ。月末なのに家賃も払えなくて、ワナワナきます」

茉莉さんは今の会社で32歳の時に契約社員として働くまでは、仕事を転々としていました。地方の短大を卒業してから、中部地方の自動車部品工場に正社員として勤務したそうです。

「最初は事務の予定だったのですが、人手が足らず工場と兼務するようになり、午前中は女子の制服を着て伝票整理をして、午後は作業服を着て検品していました」

検品の仕事内容は、ベルトコンベアーに流れて来る部品に、キズやへこみがないか目視するもの。

「給料も手取りで14万円と安かったので、仕事が苦痛でたまりませんでした。21歳の時に耐え切れず突発退職しました。これは雇用契約書的には完全にアウトらしいですが、会社側も事務で採用しながら、危険な工場勤務もさせていたので非はあります。社会保険の切り替えの手続きは、総務の人が会社から550kmも離れたウチの実家まで営業車で来て親と会社との間で行なったようです」

会社をバックレた理由に、先輩からのセクハラもありました。

「あれは気持ち悪かったですね。背が高くてそこそこイケメンの先輩だったのですが、検品している後ろから体をピタッと寄せてきて、耳元で話したりするんですよ。当時は男尊女卑的な雰囲気がありましたし、“女性には何を言ってもいい”というような社風でもありました。飲み会では卑猥な言葉を言われたり、あからさまにバカにされたり、身の危険を感じたこともありました」

茉莉さんはパッチリとした目の美人です。ゆるく巻いたセミロングヘアは栗色に染められており、ビジュー付きのカーディガンの下には、胸元部分がレースになった白いキャミソールを着ています。下着の花柄のレースが透けており、それを気にする様子もありません。カーデの第二ボタンまで外しているので、女性であっても目のやり場に困ります。

「よく、“モテるでしょ?”と言われますが、今は全然だめですよ。前はカフェに入るとみんな私のことを注目したのに、今は誰も振り返らない。街を歩いていても、ナンパさえされないんですよ。40歳を超え、シワが増えてシミや白髪も出始めると、こんなにみじめな思いをするのかと悔しくてたまらない。私よりも不美人たちがどんどん結婚しているのに、私は一人です。老後が不安過ぎて、涙が出ます」

23歳で娘を出産するも、興味が持てず育児を義母に丸投げする

1 2
不倫 派遣 結婚 アプリ 恋愛 時短 金運 派遣女子 美人探偵 婚活 浮気事件簿 占い 恋愛講座 占星学 運勢 アラサー アラフォー iPhone 恋愛運 貧困女子
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!