【セカンド女子】プロポーズを断ること2回。結婚を求められないセカンドの道を自ら選ぶ、独身尊重女子~その1~

【セカンド女子】プロポーズを断ること2回。結婚を求められないセカンドの道を自ら選ぶ、独身尊重女子~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の編集プロダクションで働いている吉田真琴さん(仮名・36歳)。胸辺りまでありそうなロングヘアを、前髪もすべてをキチッと一つに束ね、ハードスプレーで固めているのか後れ毛などは一切ありません。太めに目尻をはねるように引かれたアイラインや、バッサバサのマツエクが目を引きます。一見気が強そうな印象を受けますが、物腰は柔らかく、中身と外見にややギャップを感じます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は大阪で、両親と父方の祖母との4人家族です。祖父は私が小さい時に同居する前に亡くなったのであまり覚えていません。私の父と母は歳が10歳離れているんです。父親のほうが年上なんで、典型的な亭主関白な家庭です。家具や家電はすべて父親の好みのものばかり。専業主婦の母親には決定権は一切ない感じでした。両親はお見合い結婚で、私の記憶の限りでは2人で楽しく会話しているところなんて見たことありません。それに祖母がけっこう強気な性格の人で、私の目の前でも母のことを怒ったりとか……、日常茶飯事でしたね……」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校生の時です。同じ学校の他クラスの男子だったんですが、押されまくってOKした感じですね。彼はバレー部で、スラッとした長身で雰囲気イケメンでした。何度か共通の知り合いも含めて遊びに行って、その後に告白されました。まったく好きじゃなかったんですが、嫌いじゃなかったんで。でも、常に2人きりになろうとして、体に触れてこようとする感じにだんだん耐えきれなくなってしまって……。結局3か月くらいでお別れしました。別れた後は私が酷い振り方をしたと学校で噂になり、最低女だと知らない人からも思われていましたね……。まぁ友人はいたので、そこまで凹んだりはしなかったですが、高校時代はその人のせいで新しい彼氏や、好きな人さえもできませんでした」

憧れていた編集の仕事に就くことができ、その会社の社長と恋愛関係に

1 2


アラフォー 恋愛 浮気 浮気事件簿 恋愛講座 婚活 美人探偵 貧困女子 セカンド 恋愛運 結婚 アプリ アラサー 金運 運勢 占い 不倫 キャリア その1 時短
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ

  • Information
    シャアしてね!
    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

    ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。