巨乳ブームはもう終焉?「寄せてあげるブラ」は絶滅危惧種!? ブラジャーで重要視されるのは、絞めつけない「快適さ」

巨乳ブームはもう終焉?「寄せてあげるブラ」は絶滅危惧種!? ブラジャーで重要視されるのは、絞めつけない「快適さ」

いつの日からかバストが大きいのは女性の憧れとなり、“巨乳ブーム”とも呼ばれました。それから長い間、ブラジャーも「寄せてあげる」機能が標準装備となり、女性は皆バストや脇まわりの肉を寄せ集め、バストアップに励んでいたものです。

そんな一世を風靡した「寄せてあげるブラ」ですが、最近の女性たちはブラジャーを購入する際、いまだに重視している機能なのでしょうか?

寄せてあげる効果は必要ナシ! ブラジャーで重視するのは「快適性」

実は「サンケイリビング新聞社」が女性を対象に、「ブラジャー購入時にもっとも重視すること」を年代別で調査しており、その結果がこちらになります。

「快適性」だけではなく、年代が上がるにつれ「サイズのぴったり感」も重視する割合が上がっています。

20代以外で圧倒的多数は「つけ心地のよさ・快適性」。特に年代が上がるにつれ比率も上がっており、女性は年齢を重ねるごとにその傾向が高くなることが分かります。一方「寄せてあげる」に代表される「身体への機能性・補正効果」は、どの年代でも少数派!特に若い20代では、補正効果よりも「色・デザイン・素材」を重視している人が多く、もはやブラジャーによるバストアップ効果はほとんど期待していないようです。

年代問わず女性の6割はユニクロのブラジャーを着用

次に紹介するのは、同調査の「直近三年間で購入した下着のブランド」。こちらも興味深い結果となっています。

地味に検討している「しまむら」にも注目。ほか、男性下着メーカーのイメージが強い「グンゼ」も人気です。

こちらは年代問わず女性全体の調査結果ですが、1位の「ユニクロ」は20代から60代すべてでトップ。特に支持率が高いのは20代(68.8%)で、約7割がユニクロのブラジャーをつけている結果となっています。一方ほかの年代をみると、30代62.0%、40代は56.5%、50代57.0%、60代60.6%がユニクロ。つまり女性の半数から6割は、ユニクロのブラジャーをつけているのです。

ユニクロのブラジャーといえば印象深いのが、佐々木希さんのテレビCM「ワイヤレスブラ」。ワイヤーがなく着心地を重視したつくりになっており、このコンセプトがまさに前述の「つけ心地のよさ・快適性」を重視する層にマッチしたようです。

1 2


恋愛 美人探偵 貧困女子 恋愛講座 アラフォー 運勢 その1 時短 不倫 キャリア 恋愛運 アラサー 占い 金運 セカンド 婚活 アプリ 浮気 結婚 浮気事件簿
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ

  • Information
    シャアしてね!
    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

    ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。