【無自覚・貧困女子】借金400万円、リア充アピールで犬購入~その1~

【無自覚・貧困女子】借金400万円、リア充アピールで犬購入~その1~

女性誌『Losefatpro WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは、普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちの体験談。

今回、お話を伺ったのは、貧困女子の自覚が全くない寺田まどかさん(仮名・広告代理店勤務・35歳)。そんな彼女に取材をしたきっかけは、まどかさんのお姉さんが編集部に送った1本のメール。それには、「妹がまさに貧困女子なので、話を聞いてほしい」としたためてありました。

 

寺田姉妹が取材先に指定してきたのは、千代田区内のホテルにあるラウンジ。そこはコーヒー1杯1000円とかなり高価。社会通念上、こういう場合は取材する側が費用を負担します。その場の高級感に、取材対象者である寺田まどかさんが“貧困女子”かどうか、疑問が生じたのも事実です。

さて、待ち合わせ場所で待っていたのはメールをくれたお姉さん(39歳)。女優・寺島しのぶさんをかなり地味にした感じで、『ユニクロ』のグレージュのニットに『GAP』のデニムというカジュアルなファッション。バッグは『ロンシャン』のナイロントートで、左手の薬指にはプラチナのリングがありました。まどかさんは30分遅刻するとのことだったので、まずは、まどかさんの背景を伺うことにしました。

「妹は、金持ちの子どもたちが集まる、ある大学の経済学部を卒業し、大手の広告代理店の事務職として正社員採用されました。大学時代にダンス部にいて、その美貌と根性を買われたのだと思います。現在35歳で、独身。会社には13年間勤務しており、年収は500万円くらい。それなのに、現在、親から300万円、消費者金融から100万円以上借金しています。江東区の実家に住んでいるのですが、親からまだお小遣いを月3万円もらっているんですよ」

と、お姉さんは憤りを隠さずに語ります。

 ▶▶▶▶借金の始末は両親、大学の卒論や代返はお姉さんという学生時代 

1 2


時短 キャリア セカンド 運勢 浮気 不倫 アラフォー 結婚 恋愛講座 金運 アラサー 婚活 浮気事件簿 恋愛運 恋愛 アプリ 美人探偵 貧困女子 占い その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ

  • Information
    シャアしてね!
    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

    ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。