睡眠の質が下がる梅雨時期、●●を上げないことが快眠のポイントに

睡眠の質が下がる梅雨時期、●●を上げないことが快眠のポイントに

ジメジメした梅雨時期は、たっぷり寝てもなんだかダルい……そんな経験ありませんか? 気象庁が発表した2014年の気象データによると、平均湿度が1番高いのは6月の75%で、7月と8月が74%で次に湿度が高い時期となり、これから夏にかけてが1番湿気の多い時期となります。レイコップ・ジャパン株式会社が男女800名を対象に実施した「梅雨のふとんケアに関する意識調査」によると、2人に1人が“ふとんを不快に感じたことがある”と判明しました。

梅雨のシーズン、2人に1人がふとんを不快に感じていた!

ふとんを不快に感じたことがある理由としては、「ふとんがジメジメしていた」が56.6%で1位。次いで「ふとんが臭かった(カビ臭い、生乾き臭い、汗臭い)」が28.4%で2位となっています。

kenjo_20150702_01

ところが、それに対して「湿気が多い雨の日にふとんのケアをしている人」は、わずか17.1%。その理由としては、「天日干しができないから」(50.5%)という声が最も多くあがりました。同調査では、大多数の人が「綺麗なふとんで寝たい」と思っていると回答しているものの、ふとんケアをしていないことが明らかになりました。

また、過去の「ふとんに関する失敗談」では、13.4%の人が「ふとんをカビさせてしまったことがある」と回答しました。

2人に1人はふとんケアをしていない。湿気対策の仕方がわからない

雨の日にふとんケア(対策)を行わない人のうち3人に1人が「やり方が分からない」と答えており、またふとんケアの頻度が2か月に1回以下という頻度の少ない人に、その理由を聞いてみると「ちゃんとしたケアの仕方がわからない(47%)」という回答が約半数でした。このことから、ふとんの湿気対策の仕方自体を知らないという人が多いということがわかります。

kenjo_20150702_02

▼専門家に聞く、湿度と睡眠の関係性は次のページで

1 2


占い 運勢 恋愛 浮気事件簿 その1 不倫 キャリア アプリ 金運 貧困女子 美人探偵 結婚 アラフォー アラサー 時短 恋愛講座 婚活 セカンド 恋愛運 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ

  • Information
    シャアしてね!
    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

    ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。