【貧困女子】35歳で憧れの専業主婦になるも医師の夫と離婚、キャリア復帰はイバラの道~その2~

【貧困女子】35歳で憧れの専業主婦になるも医師の夫と離婚、キャリア復帰はイバラの道~その2~

  • ツイート

数年前までは普通の生活をしていたのに、気が付けば貧困と言われる状況になってしまった女性たち。

佐藤若菜さん(仮名・40歳・無職)は、2年前まで年収2000万円の夫とベイエリアのタワーマンションに住んでいましたが、離婚後は無職。実家に暮らし、貯金も底をつきかけています。

その1はこちら

若菜さんは仕事から早く逃げたくて、35歳で医師と結婚します。相手は15歳年上の50歳で、25歳の息子、23歳の娘がいたそう。

「地方の病院を経営している人でした。知り合ったきっかけは、結婚相談所。30歳の時に、交際していたゼネコン勤務の男性から、『若菜は俺が好きなんじゃなくて、金が好きなんでしょ』と言われてフラれました。友達に頼み込んで紹介してもらい、半年も付き合っていて、結婚するものだと思っていたから、あのときはショックでしたね。だって私、彼のためにお弁当を作ったり、家事をやってあげたりして、相当尽くしたんですよ。もう自力で結婚するのは無理だと思い、お見合いパーティーに何回か行きました。でもああいうところは、そんなにいい人がいないんです。今も記憶に残っているのは、ビュッフェスタイルの食事が出てきて、銀色の蓋を開けたらスナック菓子が入っていたんです。それを奪うように食べていた男性の姿は忘れられません。他にも本当に変な人がいっぱいいました。『君、30歳なんだろ、結婚してあげるよ』と言ってくる、母親がロビーで待っている無職男性とか……私は普通の男性を求めているだけなのに」

若菜さんに結婚相手に求めていた条件を聞くと、最低年収600万円、変な宗教に入っていない、犯罪歴がない、清潔、暴力を振るわない、モラハラしない、ギャンブルと借金しない、衣食住にこだわりがない、などなどが出てきました。

「普通でいいんです。そこそこの生活ができて、コミュニケーションも普通にあって、毎日シャワーを浴びて、最低限の家事ができるだけでいいんです。ビジュアルも、生理的に無理でなければ、薄毛でも太っていてもよかったんですよ。普通で堅実な人であれば、専業主婦として生きていける。子供は1人産めばいいと思っていました」

しかし「普通」の人は、年齢とともに「高嶺の花」になっていった

1 2
その1 セカンド 貧困女子 不倫 恋愛 恋愛講座 浮気 キャリア 占い 浮気事件簿 時短 婚活 アラフォー アラサー 運勢 アプリ 金運 結婚 美人探偵 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ

@Losefatpro-womanさんをフォロー

  • Information
    シャアしてね!
    • ツイート
    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

    ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。