働き世代のガン発症…キャリアコンサルタントに聞いたリアルな話vol.3「同じ境遇の人、患者会の存在に心が救われた」

働き世代のガン発症…キャリアコンサルタントに聞いたリアルな話vol.3「同じ境遇の人、患者会の存在に心が救われた」

  • ツイート

今は2人に1人がガンになる時代。そしてガン患者は高齢で疾患するものではなく、働き世代(AYA世代)である20~30代で発症してしまう人も年々増加傾向にあるそう。そしてAYA世代でガンを発症してしまった場合に直面する悩みは、仕事はもちろん、妊孕性(妊娠のしやすさ)の温存、そしてパートナー、親との関係性が挙げられます。3回目となる今回は、2回目の告知、そしてキャリアコンサルタントとして、告知された方のガンとの向き合い方を伺いました。

vol.1「告知を受けた時は頭が真っ白になり、何も自分の意見が言えなかった」はこちら

vol.2「腫れ物のように扱われたくない、同僚にはギリギリまで伝えることができなかった」はこちら

砂川未夏さん:キャリアコンサルタント・日本パステルホープアート協会 公認インストラクター。29歳で悪性リンパ種、39歳で乳がんを経験。 病気をなかなか受け入れられず、仕事やプライベートに悩み続けた経験から キャリアコンサルタントとなり、働く人のサードプレイスを作っている。 5年前から両立支援コンシェルジュとして活動中。

2度目の告知を受けて、乳ガンに。病院、治療方針が決まるまで誰にも言えなかった

——2回目は乳ガンになられたそうですが、それはいつですか?

39歳、キャリアコンサルタントになってから5年以上経ち、ちょうど1年前に助成金が取れて、ガン患者さんのサポートを始めていた頃でした。わかったきっかけは、胸からの出血。私は嚢胞内乳ガンでした。ちょうど血液のガン(悪性リンパ腫)に罹患してから10年、区切りと言われる寛解をむかえた後でした。それまでずっと乳がん検診も受けていて、数年間ずっと良性の嚢胞だと言われていたんです。

しかし、急に胸が腫れてきて、胸の形が少し変わっていったんです。そして翌年1月に健康診断を受けました。すぐに近くの病院に行って、診断を受けました。2回目のガン(乳ガン)は白黒ハッキリするまでは家族の誰にも言えませんでした。

——なぜ言えなかったんですか?

2度も迷惑をかけたくないって思ったんでしょうね。29歳にガンになって以来健康に気をつけて、体のためを思って、セーブして生きてきたのに。健康食品を取り入れたり、料理も手作りして、お酒もやめていたのに、なんでここまでしているのに報われないんだって。それにその時は不妊治療も続けていて、ちょうど受精卵ができて移植し、妊娠しているかどうかの結果前でした。そんな時に胸から出血して、しかも同じタイミングで生理もきてしまって、まさにダブルパンチでした。

——家族に伝えたのは告知後でしたか?

出血してるのに、検査をしてもグレーと出る。2回検査をしてもグレーで、3回目で初めてガンだと言われました。ちゃんとした結果が出るまでは言えませんでしたね。その間にもどんどん出血するから、隠すのも大変でした。

でも私の場合は、ガン患者の支援を始めている時期だったので、乳ガンの患者さんの知り合いがたくさんできていたんです。それに、いろんなところの患者会とのつながりや支援先も知っていたので、信頼できる人たちに話を聞いたり、自分で調べるなどして、今回はスムーズに行なえたんです。私から「この病院に紹介状を書いてください」と医師に依頼したところ、「うちの病院の乳ガン患者は年に10人ほどしかいない。君の場合は若いから再建も含めて大きな病院のほうがいい」と言ってくれて。複数の病院でセカンドオピニオンの時に初めて夫に言いました。医師の話から、ある程度の治療の方向性は見えていたので。両親には病院を決めてから言いました。前の告知の時は状況にのまれてしまって何もできなかったから、今回はしっかり自分で納得のいく治療方法を決めたかったんです。

患者会など、同じ境遇の人たちの意見はとても参考になったそう。

1 2
恋愛 婚活 浮気事件簿 アラフォー アラサー その1 セカンド 占い アプリ 貧困女子 結婚 時短 美人探偵 恋愛講座 恋愛運 運勢 金運 不倫 キャリア 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ

@Losefatpro-womanさんをフォロー

  • Information
    シャアしてね!
    • ツイート
    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

    ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。