ちょっとした日常にも危険が潜む!? 企業からの巧妙な“なりすまし”メールを見極めよう

ちょっとした日常にも危険が潜む!? 企業からの巧妙な“なりすまし”メールを見極めよう

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)()のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ

毎日何通も届く、企業やショップからの案内メールやメルマガなど…。そんな日常生活の中で何気なく受け取っているメールの中には、いわゆる“なりすまし”と呼ばれる悪質なメールがさりげなく混ざっていることもあります。そこで今回は、実際に起こった実例を交えながら、フィッシングメールについてトレンドマイクロの小川さんにお話を伺いました。

今回お話を伺った、トレンドマイクロの小川直樹さん。

近年フィッシングメールは巧妙化している!

――トレンドマイクロさんには、インターネットを利用する個人ユーザーさんから、サイバー攻撃に関するさまざまなトラブルが報告されているそうですが、最近ではどんな事例があるのでしょうか?

フィッシングメールは今、とても巧妙化してきています。なかでも、大手企業を名乗るフィッシングメールが多くなってきているのが最近の特徴ですね。これは昨年の夏に実際にあった事例なのですが、Appleサポートを名乗るフィッシングメールが多数報告されています。

メールの文をよく読むと、日本語に違和感があることが多いのも特徴。

こちらの事例では、件名には「アラート:あなたのアカウントは一時的に無効になっています」とあり、メールの文面には「24時間以内に返信が無い場合、アカウントは無効になります」などと書かれていて、不安を煽るような内容になっています。アカウントが無効になっては困るからと、つい焦ってURLをクリックしてしまうんですね。

――Appleから、このような内容のメールが届いても違和感が全くないのが問題ですね。

この場合は、Apple IDのアカウント情報が不正確などの理由で一時的に無効になっていて、それを解消するために指定のURLにアクセスするように求められます。URLをクリックすると、Appleを偽装したフィッシングサイトへ飛んでしまうんです。そこで、アカウントの確認をするために、さまざまな個人情報を入力させ、その内容を盗んでしまうのです。

クリックすると、こちらの不正サイトへ。本物のAppleと酷似したデザイン。

サインインしようとすると、ロックされていることが表示されます。

生年月日や電話番号、クレジット情報を入力するよう誘導されます。

1 2
浮気 時短 結婚 占い 恋愛運 恋愛講座 アラフォー セカンド 不倫 派遣 浮気事件簿 iPhone 恋愛 婚活 貧困女子 美人探偵 アプリ アラサー 運勢 金運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!