【もやもや】王道朝ドラ!と好評の『まんぷく』、毒親エピソードも安藤サクラの天真爛漫演技で感動エピソードに…~その1~

【もやもや】王道朝ドラ!と好評の『まんぷく』、毒親エピソードも安藤サクラの天真爛漫演技で感動エピソードに…~その1~

ネットを巻き込んだ賛否の渦の中、最終回を迎えた『半分、青い。』に続き、今週から始まったNHKの連続テレビ小説『まんぷく』。周囲でも『半分、青い。』の中盤から、「鈴愛の半生にはこれ以上付き合いきれない。次の朝ドラが早く見たい」という期待の声が多かった第1回は、今世紀最高の視聴率だったことが発表されました。『半分、青い。』の第1回と比べると、その差は2%。視聴率1%というのは、世帯でいうと約17万世帯、個人だと約39万9000人とのこと。つまり、実に『半分、青い。』は見なかった約80万人が『まんぷく』は見ようと思ったということです。楽しみにしていた人が本当に多かったんですね。

もちろん、恋愛ドラマの神様と言われている北川悦吏子さんのドラマだったから、とか、ネットで毎回話題になっていたからという理由で『半分、青い。』は見ていたけど、朝ドラ自体には特別興味もないから『まんぷく』は見ない、という人もいましょう。しかし、基本的に朝ドラを見ている人たちは、「朝ドラはもはや生活の一部」という人が多いわけで、「つまらないから今回は見ない」「途中で見るのを止めた」という人によって、人気が下がることはあるものの、高くなるということはそうそうありません。その中で、第1回が今世紀最高の視聴率を獲得したというのは、主役の安藤サクラさん、脚本家の福田靖さんをはじめとするキャスト、スタッフの方々に魅力を感じたからでしょう。筆者もそのひとりです。朝ドラを全話見たのは『あまちゃん』だけという朝ドラのド素人です。でも、『まんぷく』は全話見る気満々。なにより「夫婦がインスタントラーメンを開発する話」と、ストーリーが分かっているのがいいですね。安心して見られます。

そして、安藤サクラさん演じる福ちゃんは、ちょっと抜けている感じのほんわかとした三姉妹の末っ子。大阪を舞台に、今は貧乏とはいえ、もともとの家柄がいいからでしょうか、福ちゃんも、そして長女も次女も、口調が穏やかで耳心地もいいのです。そして長女はしっかりもの、次女は奔放、お母さんはうっとうしい、と設定がわかりやすいところも見やすいポイントでしょう。

脚本家・福田靖さんは伏線回収してくれるはず……!

1 2
恋愛講座 セカンド 浮気事件簿 婚活 恋愛運 運勢 占い 美人探偵 不倫 アプリ 時短 アラフォー 貧困女子 恋愛 派遣 金運 アラサー 派遣女子 結婚 iPhone
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!