【もやもや】東京医科大学の女子一律減点「女は結婚出産して辞めるからいらない」は、本当に妥当なんだろうか~その1~

【もやもや】東京医科大学の女子一律減点「女は結婚出産して辞めるからいらない」は、本当に妥当なんだろうか~その1~

東京医科大学に入試試験の採点操作があったことが報道され、話題になっています。最初の報道では、一般入試の一次試験で女子受験者の点数を一律に減点していたとされ、それを「性差別だ」と憤っている人も少なくありません。

「明らかな人権侵害だ」と言っている人もいます。「メディアで働く女性ネットワーク」という団体は、「当事者への謝罪を求める」との声明を発表し、文部科学省や厚生労働省、内閣府男女共同参画局に対して、全国的な実態調査や再発防止を要請したとのニュースもありました。

この件についての内部調査委員会の発表によると、2018年度の入試では、二次試験の小論文の点数を全員0.8倍にして、さらに現役と1浪、2浪の男子は20点加点、3浪男子は10点加点、4浪男子と女子は加点しないという取り決めのもとに採点が行なわれたそうです。

つまり実際は「女子減点」ではなく、3浪までの男子だけ、テストの点数にゲタを履かせてもらえていたということでした。つまり東京医科大学は「2浪までの男子しか、基本いらない」と思っていることの表れといえましょう。3浪は「ギリ」。女子と4浪男子は「よっぽど優秀じゃなければいらない」ということで、女性だけを差別しているわけじゃないことがうかがえます。単に「東京医科大学はいろいろ偏っているだけ」とでもいいましょうか。

医学部は他の大学の学部と違って、教養を学ぶ場所ではなく、いわば職業訓練的な役割を担うところです。そして、親や知り合いが病院を経営していたり、開業医にでもならない限り、自分の入った大学の病院かその系列の病院に就職することになるわけです。なので私立の医学大学が、「大学病院に勤務してくれる人を入学させたい」という気持ちはわかります。東京医科大学はこの報道の直前にも、不正合格者を出したことでニュースになっていましたが、それだって、その人を合格させたほうが大学病院にとってメリットがあったからなのでしょう。

筆者は東京医科大学を受けたわけではないし、そもそも医学部を志したいと思える頭脳も資金もなかったですから、東京医科大学がどんな入試方針をとっているとしてもどうでもよいのです。それに、人生の中でお医者様とは、患者として診てもらう際しか関わらないですし、いいお医者さんになってくれる人さえたくさん輩出してくれさえすれば、問題ないのです。

実際にお医者様になった30代の女性に聞いてみると、「東京医科大学だけじゃなく、私が受験したころから、〇〇大学の医学部は女性は3割しかとらないといった入試情報は普通に出回っていたし、受験生の中で女性の定員が男性より圧倒的に少ないというのは、暗黙の了解という感じでした」とか。受験するご本人たちがご承知で、それを受け入れてらっしゃるのであれば、部外者が口出すことでもないよな、とも思うのです。

ただ、自分の大学が女性と4浪ばっかりになるのがイヤならば、普通に女子枠と男子枠、そして多浪枠を分ければいいのに、とは思います。何が不快かって、「うちは男女平等だし、縁故入学とかさせてませんし、フラットにやってますから」的な見せ方をしている裏で、ごにょごにょやってるところです。ですから、病院としてあまりいい印象は持てないし、患者として東京医科大学に行くのはイヤだなぁとは思ってしまいます。

「女性は結婚、出産、育児で離職するから」の構造を変える気はないのか!?

1 2
浮気事件簿 運勢 セカンド 恋愛講座 婚活 派遣女子 恋愛運 派遣 アラフォー 占い 美人探偵 アプリ iPhone 貧困女子 恋愛 時短 不倫 アラサー 金運 結婚
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!