【もやもや】「女子に物理を教えても無駄」鹿児島県知事の女性蔑視発言に悶えるアラサーの心情~その1~

【もやもや】「女子に物理を教えても無駄」鹿児島県知事の女性蔑視発言に悶えるアラサーの心情~その1~

おこりんぼ

みなさまこんにちは。働く女子のもやもやスプーニスト白玉あずきです。スプーニストとは“掬う人(すくうひと)”。そんな言葉があるかどうかはしりませんが、今週も女子の生態を見つめ続けているうちにうっかりアラフォー世代を迎えてしまったワタクシが、日常を送る中で澱のように溜まってゆく女の“もやもや”を抽出し、僭越ながら先輩目線でセラピってみたいと思います。

今回のテーマは「男性の“うっかり”女性蔑視発言」です。

「姐さん! また政治家がやらかしましたよ!」

鼻息荒く飛び込んできたのはWEB広告関連会社勤務の32歳。WEBニュースで報じられた鹿児島県知事による女性蔑視発言記事が、彼女にちょっとしたもやもやを呼び起こした模様です。

事件発生は8月27日。県で開かれた総合教育会議でのこと。知事はその2日前に公表された全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を踏まえ、目標設定を質問されると「女性委員に怒られるけど」と前置きした上で

「サイン、コサイン、タンジェントを社会で使ったことがあるか女性に問うと、10分の9は使ったことがないと答える」
「いろいろな人生の問題や分野があるため、今の均一な教育の仕組みを変えた方がいい」
「どのステージにおいて何を教えるかというのがだんだん難しくなっている」

と発言したそうです。

▶︎▶︎▶︎この発言にもやもやさせられる原因とは?

1 2
貧困女子 占い 結婚 恋愛講座 婚活 iPhone アプリ 時短 不倫 金運 派遣 浮気事件簿 美人探偵 セカンド 恋愛 派遣女子 恋愛運 アラフォー 運勢 アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!