【酒とイタタ!】男性の前で赤っ恥かく!ドン引きされるNGお酒オーダー&好感を持たれるお酒オーダー~その2~

【酒とイタタ!】男性の前で赤っ恥かく!ドン引きされるNGお酒オーダー&好感を持たれるお酒オーダー~その2~

ビジネスやデートで、ちょっといいレストランやバーに行く際、大人の女性として知っておくとちょっと素敵なお酒の知識と、同行の男性やバーテンダーの前でやってはいけない危険なオーダーの仕方&「いいね」と思われそうなオーダーの仕方をご紹介。

レストランで食事のお供として、アルコールに弱い方でも「今日は少しいただいてみたい」という際にどんなオーダーをすればいいか?~その1~でお話ししました。

後編では、レストランのウェイティング・バーや、食後に入った本格派のバーでのオーダーについてご案内します。

お酒以外の飲み物で割って飲むカクテルの中で一番甘くないものは?

レストランのウェイティング・バーで飲むのは食前酒ですから、前編でおすすめしたメニューを頼んでOKです。

他に一般的なものとして、ジン・リッキー、ウォッカ・バックなどベースになるお酒+割る飲み物の内容でネーミングされているロング・カクテルについてざっとおさらいしましょう。甘くないもの→甘いもの順に並べてみます。

(1)〇〇・リッキー・・・ライムの果汁を絞った実ごと入れて炭酸水で割ったカクテル

(2)〇〇・ソーダ・・・炭酸水(甘くない)で割ったカクテル

(3)〇〇・バック・・・ジンジャーエールで割ってレモンやライム果汁を絞ったカクテル

(4)〇〇・トニック・・・トニックウォーター(甘苦い微炭酸水)で割ったカクテル

(5)〇〇・フィズ・・・砂糖等で甘みをつけ、炭酸水で割りレモンやライム果汁を絞ったカクテル

甘い飲み物や強いアルコールが苦手な方なら「ジン・リッキーをアルコール薄目で」とオーダーすれば、飲みやすい爽やかな1杯が出てきます。

最初におさえておくべき基本概念はカクテルの「ロング」「ショート」

食後に入るバーでは、どんなオーダーがいいでしょうか?

本格派のバーに入って「せっかくだから何かカクテルを」とバーテンダーに相談すると、「ショートにしますか?ロングにしますか?」と聞かれる場合があります。この「ロング」「ショート」という呼び名は、飲み干すまでの時間で分けた呼び方です。

バーで飲むお酒というと、バーテンダーがシェイカーを振って作ってくれる、小さなグラスに入った鮮やかなカクテルをイメージする方も多いでしょう。あの手のカクテルはほとんど「ショート・カクテル(短時間で飲み干すカクテル)」というカテゴリで、強めのお酒。お酒に弱い方には酔いが回りやすいので、注意が必要です。

なぜ短時間で飲むべきなのかというと、シェイカーを振って作るカクテルの表面には、氷の微細な破片が入っているからです。

できたてのショート・カクテルの表面をよく見ると、キラキラ細かい氷片が輝いていてとても綺麗。この氷が解けてぬるくなってしまう前に飲み干すのが粋、というわけです。

「ロング・カクテル(ゆったり楽しむカクテル)」というカテゴリには、アルコール度数が低めのものも多く、1杯をゆっくり頂いて大丈夫です。〇〇・バックや〇〇・リッキーなどのカクテルは、ロング・カクテルになります。

お酒は弱い方が「せっかくバーに入ったら、バーテンダーにシェイカーを振ってほしい」と思ったときは、このように伝えるのがオススメです。

「アルコールに弱いけれど、シェイカーを振る綺麗なカクテルを飲んでみたいの。チェイサー(水)もいただいてもいいかしら?」

横にチェイサーが置いてあれば、「お酒に強くないんだな」ということは一目瞭然です。飲み干せる体質ではないけれど、美しいカクテルをオーダーしたい、という女心を糾弾する人はいないでしょう。

1 2


その1 恋愛運 結婚 浮気 貧困女子 アラサー 時短 浮気事件簿 占い 婚活 キャリア 金運 不倫 運勢 アプリ 美人探偵 恋愛講座 セカンド 恋愛 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ

  • Information
    シャアしてね!
    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

    ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。