【酒とイタタ!】こじらせ女子になってない?こじらせ脱却女子が教える「本当にほしい幸せをつかむ方法」~その1~

【酒とイタタ!】こじらせ女子になってない?こじらせ脱却女子が教える「本当にほしい幸せをつかむ方法」~その1~

半ニートから高額所得者まで、常識人から異世界に住む人々まで、幅広い層が飲みに来る下北沢を中心に、「一人飲み歴10年以上」の、きたざわ御神酒(おみき)です。

堅実女子の皆様、それと気づかず、または自分でも意識しつつも、こじらせ状態に突入していませんか?筆者は30代で一人飲みの世界にデビューしたのですが、今になってそれは「こじらせ女子な自分から脱却したい!」という深層心理が作用したからではないかと思っています。

一体どうすれば女性は、この社会の中で自分の気持ちに正直に生きられるのでしょうか?今回はこじらせ状態から脱却して人生を楽しむ方法について、実体験を交えながらお伝えしたいと思います。

恋愛に対して「どうせ私なんかが~」と思っていませんか?

昨今、妙齢の女子たちが「あの子はいろいろこじらせちゃっているから」と他者を批評したり、「私、こじらせているのかも」と自嘲的な言葉を使ったりすることが増えましたよね。

では、こじらせているとは一体どんな状態をさすのでしょうか?

筆者的なこじらせ女子の定義は、自分の恋愛スキルについて過去に満足のいく結果が出ない状態が続きすぎ、「どうせ私なんかうまくいくわけない」という深層の恐怖が根付いてしまい、いざチャンスが巡ってきてもあえてスルーしてしまったり、そのチャンスを容易に受け入れようとせずに頑なな行動に走ってしまったりする女子という感じです。

現代社会のひずみの中、その人口は日々増加しているように思います。こじらせ女子の厄介なところは、一見してそれとわからないところ。美人なのにこじらせてるとか、モテるのに実はこじらせているとか、よく聞きませんか?

こんなにもこじらせ女子が増えた原因は、現代社会の価値観の多様化&情報量の多さのせいもあると思います。我々は、ひと昔前の成人したら結婚 → 子供を持つというマジョリティーの一元的な幸せと信じられてきた形態以外にも個々それぞれの幸せの形があるということを、知ってしまいました。

とくに癒しに関しても、心理学的に一般男性は女性以外からは真の癒しを受けられないのに対し、女性という生物は多様な事象(パートナー以外にも趣味や仕事等)から精神の癒しを得られる、という情報もあります。

晩婚化が進み、というより「結婚はしなくてもいい」という選択肢も珍しくなくなった現代、それを選ばなくても不思議ではありません。

しかし、筆者が思うにこじらせ女子は、心から能動的にそこを選ばない人々ではありません。それこそが今回のテーマです!

こじらせ女子は、心の底ではパートナーを得るという幸せを求めているのに、その希望を全開にすることができない、気持ちをねじらせてしまっている状態の女性です。

恋に臆病になってしまった自分をとりあえず肯定できる「それだけが幸せじゃないし」というヨロイ的な他者のための情報が溢れているせいで、それを言い訳に自分を守り、本人が実は求めている幸せに向かって踏み出せない膠着状態が長引いてしまうのです。

1 2


アプリ 運勢 金運 結婚 時短 恋愛講座 占い 婚活 恋愛運 貧困女子 iPhone 美人探偵 その1 浮気 浮気事件簿 不倫 アラサー 恋愛 セカンド アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。