【酒とイタタ!】バーはただの酒飲み場ではない!仕事スキルとモテが両方ゲットできる超意外なバー活用法~その2~

【酒とイタタ!】バーはただの酒飲み場ではない!仕事スキルとモテが両方ゲットできる超意外なバー活用法~その2~

個人経営のバーは素晴らしい立地条件にも関わらず、夜だけ営業により昼間はデッドスペース化してしまっていることがしばしば。今回は、筆者がそんなバーの週末の日中を利用し、週末ランチカフェを経営した経験をまとめております。破格すぎる条件でお店をスタートできるまでの経緯は、~その1~で!

週末カフェ経営で実感した想定イメージと現実のギャップ

恋愛系では「結婚をする前に相性がいいかどうか、まず同棲して判断すべき」なんて話をよく耳にしがち。これ、自分の店でもできるといいと思います。個人のカフェ経営と聞くと、なんだかまったりと甘やかな響きがしますよね。

しかし、実際は甘いもんじゃない!

……これが、週末カフェを始めた筆者が最初に持った感想です(笑)。前編で書いたような好条件で経営しているにも関わらず、コトミちゃんと筆者の時給は、平均500円を切っていました。週末の下北沢ランチ、細路地だけど1階路面店で、閑散としていたのです。

筆者達がやっていたのは一体どんなお店だったのかというと……。完全にターゲットを間違えていました。自信たっぷりの当時のメニュー構成がこちら。

<ランチメニュー>

・500円ワンコインランチ3種

・700円ランチ2種

※ドリンク、デザートはそれぞれプラス100円

<カフェメニュー>

・コーヒー単体300円~

安いですよね。ランチメニューはなんと、ワンコイン&700円メニューのみ!

そもそも、コトミちゃんが夜のバーの店員で筆者はその常連。たった2人でやる、週末カフェです。建前では2人とも「バータイムより早く来たいバーの常連さんと、まったり楽しめればいいよね」と話しながらも、内心では「週末ランチだけ大繁盛店になっちゃったりしたら、おいしいかも!ウシシ」と目論んでいました。

そのため、「腕にそこそこ自信はあるけど、素人料理だし、安くしよう。下北沢には若い人が多いから、安い方が入りやすいよね!」とこのようなメニューを決定。安くてそこそこおいしければ、「ファストフードよりウチのほうがいい!」と思われるかもしれない、という考え方をしていました。

今思えば、本当にこれはド素人!大間違いだったのです。

この価格設定は、いうなれば平日の新橋向けでしょうか。安くてそこそこおいしいランチをかっこみに来る人が、どんどん食べて、どんどん回転しないと、採算が合わないのです。

採算面も問題なら、イメージ戦略も大間違い。コトミちゃんも筆者も下北沢付近に住んでいて、店がある場所も我々にとって、いつもの生活圏内でした。しかし、土日の昼間に下北沢に来る人々(お客様)はわざわざ下北沢まで来て、週末くらいはおいしいランチにお金をかけたい人々だったのです。

1 2 3
時短 結婚 美人探偵 派遣 占星学 アラサー 金運 恋愛 アラフォー 婚活 占い 派遣女子 貧困女子 浮気事件簿 アプリ 恋愛運 不倫 運勢 iPhone 恋愛講座
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!