【酒とイタタ!】好みと相性は違う!実は男性の「好きな女性のタイプ」はただの呪縛かも!?~その1~

【酒とイタタ!】好みと相性は違う!実は男性の「好きな女性のタイプ」はただの呪縛かも!?~その1~

半ニートから高額所得者まで、常識人から異世界に住む人々まで、幅広い層が飲みに来る下北沢を中心に、「一人飲み歴10年以上」の、きたざわ御神酒(おみき)です。お酒の席で、様々な恋愛模様を見てきました。

「奥さんと浮気相手が似たようなタイプ」というお話、よく聞きますよね?世の中には、好みのタイプがブレない、非常にわかりやすい男性がたくさんいます。そういう男性を好きになってしまい、しかも「私は明らかに彼のタイプじゃない」とあきらめている堅実女子さん、いらっしゃいませんか?

そんな男性でも、好みのタイプが根本的に変わることがあるのです。今回ご紹介するY君の話を聞けば、きっと希望の光が見えてくるはずですよ!

オシャレで絵にかいたような人気者の男子・Y君に起こった悲劇

Y君は、とあるダイニングバーにほぼ毎日出没していた青年。彼は大手アパレル本部勤務の、ファッショナブルなイケメンでした。

筆者が出会った当時、20代後半。気に入ったお店には足しげく通い、自分のテリトリーにして仲間を作りたいタイプ。誰にでも分け隔てなく感じよくするのですが、実は筆者はY君が苦手でした。仲間を作るのは悪いことではないですが、方向性がちょっとベタベタしているというか……。

堅実女子の皆様にわかりやすい表現でいうと、男子なのに「女子高生の便所友達のリーダー格になりたい」みたいな印象を受けるんですよ(笑)。

とはいえ、それは筆者の胸の中でこっそり感じていただけ。筆者は当時30代後半、Y君の行きつけのお店はお気に入りの食事メニューを時々食べに行く程度。その店のコアな常連とは別カテゴリの、時々顔を出す、飲み慣れた姐さんとして行けば仲良く接してもらえる程度の立ち位置でした。そもそも、便所友達リーダー青年・Y君というのは年上のうがった見方。現実では、おしゃれで優しいY君はその店の人気者でした。

ヒゲをはやした兄貴キャラで、会話の機転も利くY君を「いいな」と思っている感じの常連女子も何人か見かけました。しかしY君にはモデルのような美人の彼女・Kちゃんがいて、2人はラブラブ。Y君は一見チャラいけれど、恋愛に関しては一途らしく、彼女が同席しない日に他の女子からチヤホヤされたりしても、「Kだったらこう言いそう」など、さりげなく彼女の名前を出して牽制していました。それを聞いて、「そういうところは好感が持てるな」とY君を見直したりもしました。付き合って2年を超え、Y君はKちゃんとの結婚も考えていた様子。

が!

この2人、別れてしまいます。理由は、彼女の浮気。というか、本気の心変わりです。Y君とKちゃんが共通で仲良くしていた年上男性・A君のもとに、Kちゃんが体ごと飛び込んでしまったのです。そしてA君からY君に「Kちゃんを好きになってしまった。結婚前提に付き合いたい。ごめん。Kちゃんと別れてくれ」との申し出があり、ジ・エンドです。

1 2


浮気 貧困女子 運勢 婚活 アプリ アラサー キャリア セカンド 恋愛講座 その1 占い 不倫 アラフォー 結婚 浮気事件簿 時短 恋愛運 美人探偵 金運 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ

  • Information
    シャアしてね!
    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

    ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。