【酒とイタタ!】ピンチをスマートに回避できる!うっかり地雷発言で「険悪なムードになったとき」の対処法~その2~

【酒とイタタ!】ピンチをスマートに回避できる!うっかり地雷発言で「険悪なムードになったとき」の対処法~その2~

お酒の席やビジネス会話などで、昔から3大タブーとされている話題が政治・宗教・野球です。しかし、時がたてば話題も変わるもの。触れてはいけないタブー話題は、これ以外にもたくさんあるのが昨今です。

その1~では筆者の経験から、3大タブー以外にも避けたほうがいい話題のラインアップをご紹介しました。

後編では、不測の事態でタブー話題に触れてしまった際のスマートな対処法と、視点を変えてタブー話題をも有効に活用する方法についてご案内します。

うっかりタブーな話題に触れてしまったら速攻でフォローすべし

タブー話題には、留意しないと何気なく触れてしまう危険性があるという側面もあります。だからこそ3大タブーのように、事前の配慮を促す言い回しが、何十年も受け継がれているのです。

気を付けていてもうっかり、という事は誰にでも起こるもの。もしも自分がタブー話題に触れてしまった!と発言後に気づいたら、必ずフォローしましょう。

誰かに注意されたら素直に認めるのはもちろんですが、それ以前に自分で気づいた場合でもフォローは必須です。

「こういう場所で触れるべき話題じゃなかったですね。失礼しました」

この一言で、印象が大きく変わります。万が一不快に感じた人がいた場合も「悪気はなかったんだな」と伝わりますし、「この人は平気でこんな話をして無神経だな」と軽蔑されて終わることもありません。

一度放った言葉は取りかえしがつきませんが、明らかにデリケートな問題に強烈に切り込んだ等でない限り、失言に気づいて反省するうっかりさんに悪印象だけ残す人は少ないでしょう。

自分以外の誰かがタブーな話題を振ってきたときの賢い対処法

自分以外の人がタブー話題をふってしまった場合は、どうすればいいでしょうか?

立場が自分と同等だったり目下の人の場合は、「そういう話題はタブー」と注意してあげるのもアリです。それと知らずに話題にしてしまっている場合には、「なぜ話題にすべきでないのか?」も丁寧に教えてあげましょう。

発言者が目上の方の場合には、「デリケートな話題にはコメントしにくいです」と真摯にやんわり伝えましょう。

それと気づかず発言している場合には注意喚起になりますし、タブーとわかっていて無頓着に話し続けるような人からも、スマートに逃げることができます。

1 2


恋愛 キャリア 浮気事件簿 金運 時短 占い アプリ 結婚 婚活 美人探偵 浮気 アラサー 不倫 運勢 恋愛講座 セカンド その1 アラフォー 貧困女子 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ

  • Information
    シャアしてね!
    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

    ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。