【嫌な女との付き合い方】本人はアネゴ肌……のつもり!?デリカシーのない大声系お節介女子~その1~

【嫌な女との付き合い方】本人はアネゴ肌……のつもり!?デリカシーのない大声系お節介女子~その1~

いよいよ、年の瀬。もう仕事納めをした人も、年末年始も夜勤だよという人も。みんなみんな幸せにな〜れ〜!この記事を読んでくれている読者の皆さんは、絶対に良い2019年を過ごせるように心から祈っています。どうも雨宮美奈子(あまみや みなこ)です。

ついに、2018年もまもなく終わりますね。早かったなあ、この一年。

まさか皆さん、忘年会で同僚に誘われてイヤイヤながら「U.S.A」とか踊らされてません?上司にひょっこりはんのモノマネの無理強いなんてさせられてません?せっかくの年末に、そんなことで皆さんの心が消耗されないことも、これまた心から祈ってますね。

着実にアラサーになってみたところで、果たして私たちってばオトナになってると言えるのでしょうか。振り返れば今年も、私(28歳)の同級生にはまだまだ迷惑な女子がいたり、なんなら年上の女性の言動に驚かされることもまだまだあった気がします。人間、年齢を重ねたからといって急にオトナになるってわけじゃなさそうです。

さて、そんな女子の言動に振り回されている「生きづら女子」の皆さんに捧ぐ連載も、ついに7回目。今回は、「本人はアネゴ肌……のつもり。デリカシーのない大声系お節介女子」について語りましょう。略して、お節介女子。

たぶんこの文字を見ただけで「ウッ、いるわこういう人!」と思った人も多いはず。皆さんも読みながら思い返してみてくださいね、今年もこういう人いませんでしたか?

ねえ、お節介女子ってなんだか無理してない?大丈夫?

お節介女子って、サバサバしている(時々、しすぎている?)自分がかっこいい……イケてる……なんて思っていたりするところがあります。異常にポジティブな発言をしているほうがいい、声ははつらつと大きく元気に出す、スカートよりも親しみやすいパンツルックで、なんなら足も開きがち、なんて感じです。なんと言えばいいのでしょう、若いのにちょっとおばちゃんっぽかったりもしますよね。

自分はサバサバとしたアネゴ肌、と思い込んでいらっしゃる場合が多く、自分がやたらとみんなを引っ張っていかなくちゃ!と思っている節があったりもします。積極的に居酒屋の店員さんを呼んであげたり、話し合いがまとまらなかったらやたらと仕切ろうとしたり。

そういうのって助かる時、ありますよ。ええ、ありますとも。

でも全部が全部そんな感じでこられちゃったら、しんどくないですか?

というのも、自分のペースで店員さんに声をかけたい時だってあるし、結論の出ない恋愛の悩み相談話をだらだらとしたい夜だってありますもん。そういう時に、こういうお節介女子が出てきちゃうと、悪気はないんだろうけどこっちが疲れる……なんてことが起きてしまいがちです。

彼女たちって、なんだか必死なんですよね。会話を途切らせないように気を使って次々と話したり、みんなのやりたがらない旅行の幹事を引き受けちゃったり。それがときに痛々しいこともあるわけで、というかそんなに肩肘の力入れなくていいのに、ってはたから見ていると心配になることも。

もしこれを読んでいるお節介女子がいたら、ちょっと声をかけてあげたいですよね。無理してない?大丈夫?

1 2


時短 婚活 セカンド 浮気 恋愛運 美人探偵 アラフォー その1 不倫 アラサー 恋愛講座 アプリ 結婚 占い 貧困女子 キャリア 浮気事件簿 金運 恋愛 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ

  • Information
    シャアしてね!
    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

    ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。