【婚活サバイバル】アラフォー婚活女の疑問、趣味は婚活の邪魔になる!?~その1~

【婚活サバイバル】アラフォー婚活女の疑問、趣味は婚活の邪魔になる!?~その1~

私、清葉アキ子は現在44歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

仕事が趣味!?

好奇心旺盛の私。子どものころからいろいろなことに興味を持っては挑戦をしてきた。大人になるにつれて、また、いろいろつまみ食いしてきた結果、自分の苦手とするものは避けるようになり、好奇心の方向はある程度絞られてきた。

編集者になってから平日の夜はもちろん、土日も確実に休みをとることもできなかったため、いつしか趣味と言われることに時間を費やすことがなくなり、大好きな仕事がゆえ、仕事自体が趣味のようになってしまっていた。編集・ライターの仕事はさまざまな人に会うことができ、さまざまな情報に触れることができ、日々新鮮なできごとがまわりにたくさんあるので、刺激も多く、退屈することも嫌気がさすこともなかったから、趣味というものを持たなくても、充分、毎日が楽しかったのだ。

40歳をすぎたとき、長年続けていたある仕事が手を離れ、ふと時間ができたとき、仕事ばかりしてきた自分の時間に対して、生まれて初めて虚しいと感じた。

大人になるまでの成長期の20年、その後の仕事に没頭してきた20年。これからの20年は自分らしい生活を充実させる20年にしよう!そう宗旨替えして仕事ばかりの人生を一転。仕事を減らしてまでも時間をつくり、婚活にも本腰を入れ始めたわけだけれど、婚活だけじゃなく「忙しい」というのを理由に諦めていたことをこれからはやっていこうと思った。

で、始めたのが、ダンスと筋トレとバレエと書道。

書道は3歳のころや小学生のころ、みんながやっていたというだけでやっていたのだが、そこそこうまく書けたので、賞をいただくなどもあったけれど、まったく面白みを感じることはなかった。大学時代、中学の国語の教員免許をとるためには書道の授業をうけなくてはならず、致し方なく筆を持ってみたが、久しぶりに筆を手にしてみると、意外と面白い。文字をお手本通りに書く子どもの書道とは違い、まさに芸術の領域だった。なにかをつくり上げる、形として表現する、ということが好きな私にすとんとハマったようで、大学3~4年で急遽、高校の書道の教員免許を取得。しかし、それから20年、友人からたまに書を頼まれるくらいで、ご祝儀袋などの名前を書く以外、筆を持つことはなかったが、芸術という意味での大作を一度は書いてみたいと思い、ある有名な書家のレッスンを受けることにした。まわりは年配の方が多くて出会いにはつながらないけれど、こういう仕事も恋愛も忘れる落ち着いた時間が月に何度かあるだけで、人生が豊かになった気がしている。

ダンスは、子どものころからずっとやりたかったことのひとつ。小学生時代、社交ダンスやバレエやフィギュアスケートのマンガを見て、こういう体を使った表現というものに興味があった。学生時代、まだブームになる前でド深夜帯にしかやっていなかったフィギュアスケートの試合を見ていたし、バラエティーでやっていた芸能人の社交ダンスの企画も欠かさず見ていて、大学に入ったら絶対にダンス部に入ろうと思っていたのだが、ダンスに関する部も同好会もなく、断念。社会人になったら社交ダンスかフラメンコかタップダンスを習おうと思っていたのだが、忙しくてそれどころではなく、結局、ジムでたまにフラダンスとエアロビをやる程度。これは全然ハマらなくて……。致命的なのは、私が運動下手で、かつ硬く、さらに音楽に乗ることができないリズム感のなさ(笑)!!ということで、ダンスを習いつつ、踊れるしなやかさを得るためバレリーナがおこなっているストレッチを習い、踊れる筋肉をつけるために体力づくりを兼ねたパーソナルトレーニングを習い、空いた時間はジムに通っている。

ゴルフや料理、音楽など、やりたいことはまだまだあるが、生活するための仕事をこれ以上減らすわけにもいかないし、婚活相手と食事などに行く時間を減らすわけにもいかないので、まずはここまで!

1 2
不倫 金運 派遣 アラフォー 浮気事件簿 時短 恋愛講座 婚活 運勢 恋愛運 アプリ 恋愛 貧困女子 アラサー 美人探偵 派遣女子 結婚 占い iPhone セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!