【婚活サバイバル】アラフォー婚活女も考えてしまう、「本物の愛」ってなんなのか?~その2~

【婚活サバイバル】アラフォー婚活女も考えてしまう、「本物の愛」ってなんなのか?~その2~

『バチェラ―・ジャパン』シーズン2を真面目に見て、「本物の愛」ってなんなのかを大いに考えてしまうアキ子であった~その1~はコチラ

「本物の愛」があるってことは「嘘モノの愛」もあるってこと

人気番組『バチェラー・ジャパン2』。多くの女性たちのなかで一番になって王子様の愛を得ようとする女性たちの恋愛バトルが見られるというもの。20人の中で一番になれたら「本物の愛」って、どうなんだかなあ?

まぁ、私が「愛」を語ったところで、なんの説得力もないけれど、少なくとも彼女たちのように相手のことも知らないうちに湧き出る思いは、「愛」じゃなくて「欲」だとしか思えない。その人をひとり締めしたいっていう「欲」。だれかではなく自分が選ばれたという満足感を得たいための「欲」。

私が思う「愛」って、相手のことを思う気持ちじゃないかって思うんだけど……。だから、自分が相手のことを考えているだけでも「愛」だと思うし、どうしたら相手が嬉しいと思うか?と考えて行動することも「愛」だと思う。ある意味、自己満足みたいなことかもしれないけれど、見返りを考えた時点で、それは「愛」じゃなくて「欲」になると思うから、自己満足でいい気がする。その「愛」が伝わるか伝わらないかはまた別の話。

「私の愛に気づいて~!」「私の愛を受け止めてー!」というのは、もはや「欲」。そこまで主張しなくても、「欲」ではない思いなら、強ければちゃんとそれは届くと思うし、もし届かないなら、相手がその人の思いを受け取る気がないということなんじゃないか、と私は思っている。

番組を見ながら、いちばん思っているのは、彼自身を理解しようとしている人がだれもいないなぁ……っていうこと。彼への「愛」(とやら)をアピールするための材料として、彼のよいところを見つけようとしている人はいる。彼が自分に対してどう思っているか、彼の関心がだれかより自分のほうが大きいかどうか、そればかり気にしているように思える。

回を重ねていくにつれ、彼女たちから「会うほど、話をするほど、思いが大きくなってきています」と言う言葉が聞けるようになってきたので、ようやく「薄っぺらい『愛』がようやく厚みを増してきたわね!」と私のなかでの違和感が薄まってきたけど(偉そうですが)。

「王子様に選ばれる自分」を求めるだけなら単なる自己愛だけど…

「好き」って気持ちって、自然に湧いてくる感じもあるけれど、自己暗示によってそれを大きくすることはできる気がする。彼女たちの思いって、たぶんそれなんじゃないかな。最初「愛」と言っていたものは、「王子様を愛しているという自分を演じて、王子様に選んでもらおう」という「欲」だったのだけれど、徐々に相手との距離が縮まっていくことで「好き」という思いに変化して大きくなっていった感じ。正直、スタートは「欲」でもなんでもいいとは思うから、変化させて「愛」になっていたら、素敵。

ん!?もしかしたら、最初に彼女たちが言っていた「愛」ってのこそ、本当は「嘘モノの愛」なのかも!?

1 2


アラフォー 占星学 占い 貧困女子 金運 美人探偵 iPhone 恋愛運 運勢 恋愛講座 時短 婚活 浮気事件簿 派遣女子 派遣 恋愛 不倫 結婚 アラサー アプリ
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!