【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女の周りの歌を忘れたカナリアならぬ、恋を忘れた40代後半女子……~その2~

【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女の周りの歌を忘れたカナリアならぬ、恋を忘れた40代後半女子……~その2~

私のまわりには、同世代の独身女子がまあまあ残っている。そのほとんどが、楽しくてやりがいがあることを続けている仕事仲間だ。

おしゃれで、話上手で、気配りもできて、第一印象も悪くない。そんな彼女たちが、なぜ残っているのか!?

~その1~はコチラ

恋愛観がアップデートしていないから!?

その理由は、結婚というものに目をつむり、恋愛からも距離を置き、すっかり恋というものを忘れてしまったからではないか?

私のまわりの女性たちだけかもしれないが、30代半ばをすぎたときに独身だった人で40代半ばをすぎたいままでに結婚した人はほとんどいない。私の知る限り、いま現在彼氏がいる!という人もいないし、ときどき彼氏がいたこともある、という人もいない。いわゆる「恋愛ご無沙汰」女子ばかり!

先日、よく知るカリスマ仲人で結婚相談所の名物女所長のコラムを読んだ。以前取材したときも同じことを言っていたが、「長らく恋愛をせずに婚活をはじめると、いろいろな感覚が“最後の恋愛”のときのままになっていて、その当時の固定概念で婚活に取り組むから、時代とかけ離れすぎていて、うまくいかない」とのこと。

つまり、アラフォー、アラフィフになったいま、外見やまわりの目線は大きく変わっているのに、自己評価や恋愛セオリー、結婚の理想形などが、若かりし20代後半からノリにノッていた30代前半のときのままであるということなのだ。

たしかに……。30代前半から私が知る限り彼氏がいない、40代半ばを超えたアラフィフのとある友人は、「三高じゃないと!(もはや死語!?“三高”とは、 高学歴、高収入、高身長の三拍子そろった高スペックな男性のこと)」「顔はイケメンに越したことはないけど、最低でも“中の上”じゃなきゃ、無理〜!」「女の子をお姫さま扱いしてくれない男はダメよ!」「告白は女からするものじゃない! プロポーズなんてなおさらよ!!」……と、まるでバブル期の女子大生のようなことを平成も終わるといういまも言い続けている。

いまどき、高学歴、高収入、高身長の女性なんてざらにいる。一流企業に勤めていても、リストラや不祥事で急に仕事を失う人も多いし、高学歴だからといって必ずしも高収入を得られるという時代でもない。この不況の時代、お金はもちろん大事ではあるけれど、そういう目線自体が、バブル期というか昭和の名残がある。「いま婚活をしている世代の両親は、アラフォー、アラフィフなら、古きよき昭和の専業主婦の母親と仕事一筋の父親。アラサーなら、バブル期にさまざまな面でおいしい思いをしたが、そのあとの不況で苦労をしてお金がないということの虚しさを知る、バブル世代を引きずっている両親。つまり、昭和世代の両親から教育を受けて、知らず知らずのうちに両親の考えが刷り込まれているんですよ」と、例のカリスマ仲人。「時代は平成になり、それも終わるというのに、30年前の“幸せな結婚(恋愛)の形”をひきずっている」。

恋愛ご無沙汰女子の“時代感のズレ”は婚活結婚において、もっとも高いハードルなのだと、カリスマ仲人は嘆いていた。彼女の結婚相談所を訪れる女性の多くも、10年近く、もしくはそれ以上、恋愛から遠ざかっていたが、いよいよ結婚をしなくては!!と一念発起して入会を決めるのだが、とにかく、そういう恋愛ご無沙汰女子の考え方を変えるのにひと苦労をするのだとか!

1 2


恋愛運 浮気事件簿 時短 セカンド 金運 アラサー アプリ 不倫 恋愛講座 運勢 貧困女子 婚活 恋愛 その1 占い 結婚 アラフォー キャリア 浮気 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ

  • Information
    シャアしてね!
    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

    ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。