【オレ流恋愛メソッド】「私だけを見て!」恋愛相手に依存してしまうタイプの深い悩みとは?〜その2〜

【オレ流恋愛メソッド】「私だけを見て!」恋愛相手に依存してしまうタイプの深い悩みとは?〜その2〜

今回の恋愛メソッドでは、誰かに依存してしまいがちな人について実例を交えて考えています。前編では、彼氏を愛するあまり、病的な束縛に苦しみ、結果的に周囲の人から半強制的に別れさせられたことで、その苦しみから解放されたA子さんのエピソードをご紹介しました。~その1~はコチラ

しかし、話はこれだけでは終わりません。依存しまくってしまった彼氏と別れたからといって、目の前の問題は解決できても、根本的な原因は排除できなかったとA子さんは語ります。

問題は彼氏ではなく自分にあることを自覚

A子さんは、別れた元カレとの顛末を踏まえて、自分のメンタルを振り返っていました。まず、彼氏が大好きなのは間違いないのに、彼氏が困るほどの束縛をしたり、自分の思い通りにならないことがあると、彼氏に対して怒りをあらわにしていました。

そんな行動は、A子さん自身が望んでいることではなく、むしろ改めたいと考えていましたが、いざ直面してしまうと抑えきれない感情に見舞われてしまったそうです。そうなると、自分に精神的ななにかを抱えているのではないかと考えるようになったA子さん。かといって、まさか病気とまでは思わず、医療機関にかかることなく、悶々として日々を過ごしていました。

新しい彼氏が出現。そして結婚

とても恋愛なんてするべきではない、と考えていたA子さん。そんなA子さんの前に、新しい男性が現れます。その男性は、活発で社交的という点では元カレと似ていましたが、もう少し落ち着いており、何事も楽観的に考えるような人でした。なにかとA子さんに優しく接してくれて、A子さんとしても「この人となら」という気持ちは少しはあったそうです。

しかし、A子さんは思い悩みました。過去の自分の行動を考えると、また同じことをしてしまうのではないかと。そこで、思い切って相手の男性に過去にあったことを洗いざらい話したそうです。すると、相手の男性は理解を示してくれて、それでもいいから付き合いたいと言ってくれたそうです。A子さんは不安でしかたありませんでしたが、男性の優しさにどことなく救われたような感覚があり、付き合うことにしたそうです。

付き合い始めてからは、彼氏の気遣いが功を奏します。A子さんの彼氏は、自分の友達と飲みに行く際もA子さんを連れて行き、アウトドアやスポーツも同行させました。また、A子さんの趣味である、演劇鑑賞やガーデニングにも積極的な興味を示し、一緒に行動を共にすることで、一緒にいないときに巻き起こるA子さんの不安を取り除く努力をしたそうです。その結果、A子さんが過去に起こした問題は発生せず、2人は結婚にまで至りました。

1 2
占い 美人探偵 アプリ 時短 アラフォー 浮気事件簿 恋愛運 運勢 セカンド 貧困女子 恋愛 婚活 恋愛講座 結婚 iPhone 不倫 派遣 金運 アラサー 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!