【オレ流恋愛メソッド】妬み、嫉み、つまらないプライドなんて捨ててしまえばいい、ただし人のものは奪うな〜その1〜

【オレ流恋愛メソッド】妬み、嫉み、つまらないプライドなんて捨ててしまえばいい、ただし人のものは奪うな〜その1〜

恋愛研究家の六波羅ナオトです。

最近、痛ましい事件を耳にします。実の子供を虐待したり、ネット上の出来事で恨んでいた相手を刺殺したり。無抵抗な子供や無防備の人の幸せを一方的に奪う非道な行為に、憤りを感じざるを得ません。そこで、今回の恋愛メソッドは、いつもと少し体裁を変えて、男女問題だけでなく、他人との関わり合いについて考えてみたいと思います。

疎外されたことで他人を相手を逆恨み

福岡で起きた人気ブロガー刺殺事件についてはまだ不明な点が多く、現時点では言及すべきではないかもしれませんが、事件固有の話ではなく、社会の片隅のどこかで同様のことがくすぶっていることを鑑みています。

福岡の事件では、容疑者がネットコミュニティーで罵詈雑言をまき散らしたことに端を発し、運営サイトへの通報が相次いで、幾度もアカウント停止という措置を受けたと報道にありました。この事件を例にとると、容疑者の心理には「構って欲しい」「認めて欲しい」という欲求があったのではないかと筆者は考えます。人は誰しもが、他人に認められたい承認欲求を多かれ少なかれ持って、この社会を生きていると思います。しかし、他人に危害を加えてまで、自分の存在を認めさせようとするのは明らかに間違っています。

ネットだけでなく、社会には多くの人に共感を得ている有名人がいて、それを見た人が「自分もそうなりたい」とか「自分だって影響力はあるはず」などの願望はあるかもしれません。でも、現状の自分はそうではありません。そうでないからこそ「願望」であり、実現してしまったら願望ではなくなります。しかし、願望が実現できないままでいると、ストレスになったり、辛い日々を過ごすことになりかねません。

その「辛さ」が増大しすぎて、他人に矛先が向くようになるくらいなら、願望なんて捨ててしまった方がいいと筆者は強く想います。自分のプライドの高さが原因で「他人に認められない惨めな私」などと自分を責めるくらいなら、プライドなんてさっさと捨てるべきです。他人と上手くやっていけないことを嘆き自分を責め、自暴自棄になるぐらいなら、そんなストレスが溜まるコミュニケーションなんて捨ててしまえです。

1 2
浮気事件簿 占い 派遣 アラフォー 不倫 iPhone 占星学 恋愛運 婚活 運勢 アラサー アプリ 金運 恋愛 貧困女子 時短 恋愛講座 美人探偵 結婚 派遣女子
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!