【婚活レポ・前編】読書会なら「自然に出会える」は本当?実際に参加して確かめてきました

【婚活レポ・前編】読書会なら「自然に出会える」は本当?実際に参加して確かめてきました

男性参加者が多い読書会にすればよかったかも

開催場所は代官山駅から徒歩2分のところにある、おしゃれカフェ「chano-ma代官山」。5分前に到着しましたが、扉の前は行列。今回の参加者はなんと110人。ただ、課題本が結婚をテーマにしたビジネス書だったため、8割が女性でした。

写真では切れていますが、左右にもっと人がいました。

筆者のグループも、女性5人に対して男性はたったのふたり。女性は全員30代のようでしたが、男性は20代後半と40代後半に見えました。2回目参加の女性から「人気SF映画のときは男性が多かったですよ」と聞き、「男性が多そうな会にすればよかった」とちょっぴり後悔。婚活が目的なら、男女比を確認しておいた方がいいと思います。

リピーターが多いようで、それぞれのグループで「久しぶり!」などの再会祝福トークが聞こえてきました。ただ、だからと言って初参加の人の居心地が悪いということはなく。リピーターだけで固まらないようにグループが分けられており、「今回は初参加の人が多いです」というアナウンスもあったので安心して参加できると思います。

そもそもイベントページにも「毎回初参加者さんが15~25%程度いらっしゃいますので、是非皆様お気軽にご参加ください♪」とあり、会場でも会の最中もちゃんと配慮してもらっている雰囲気。居心地の良さに、「これは何回も参加したくなるわ」と感じました。

読書会は相手のスペックではなく内面がわかる

肝心の語り合いルールについては、いたってシンプル。ただ、人の批判はしないようにするだけ。初対面同士なので、様子見状態から始めるのかと思っていたのですが、リピーター男性が率先してファシリテーターを担当してくれたため、自己紹介が済んだら全員が思い思いに口を開いていました。

まさに腹を割って話すという感じ。

20代後半の男性も女性に圧倒されて気まずそうにすることはなく、「女性は男性にこうやってデータを出して話すと納得してくれると思う」などと主張。それを聞いて、「要求をちゃんと言える男性はいいな」と思いました。これまでの婚活でコミュニケーションが成立しない男性と散々やりとりしてきたため、読書会で男性の内面を知ることができて、「確かに好きになりやすい」と痛感。

感想をあれこれ語り合っていると、どんどん相手の仕事スタンスや人柄、価値観がにじみ出てきます。年齢や年収といったスペック関係なく男性と向き合えるので、ちょっと男性不信になっている女性によさそう。普通の婚活だとなかなか本音を語り合う機会はないので、交際前に相手の内面を知ることができるところは大きな魅力と言えます。

ただ、残念なことに本好き男性は大体、内向的なところ……。ガツガツ肉食系は皆無と言っていいでしょう。ロールキャベツ男子はいるかもしれませんが、見分けるのは難しそう……。リピーター男性が「猫町倶楽部で知り合って結婚したカップルはみんな女性が積極的だった」と語っていたので、女性側からアクションを起こした方がよさそうです。

まとめ

参加してみて「確かに相手の男性の内面から好きになりやすいので自然に出会える」と納得。読書会婚活、おおいにアリです。同じグループだった20代後半の男性は、筆者の椅子を移動させてくれるなど紳士的で、かなりの好印象を抱きました。

とはいえ、語り合うのは1時間半くらい。それだけで交際に発展するかと言われたら、正直難しいような気がします。一体どうすれば、読書会で結婚まで発展するのでしょうか?最大の疑問を代表・山本多津也さんにぶつけてみました。後編に続きます。後編はコチラ

【取材協力】
※猫町倶楽部 http://www.nekomachi-club.com/

1 2


プロフィール

Losefatpro婚活研究所

すべてのLosefatpro女子のため、幸せな結婚のためのテクニック、体験談、最新ニュースを追い求め、日々研究。西に婚活イベントがあれば走り、
東に相席居酒屋があれば走る婚活研究所。現在の研究テーマはマッチングアプリの比較研究。ここだけの話、まゆ子も所属しているらしい。

浮気事件簿 セカンド 結婚 運勢 恋愛 婚活 占い その1 アラフォー 時短 貧困女子 アラサー キャリア 美人探偵 アプリ 恋愛運 不倫 金運 恋愛講座 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ

  • Information
    シャアしてね!
    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

    ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。