【婚活レポ・前編】読書会なら「自然に出会える」は本当?実際に参加して確かめてきました

【婚活レポ・前編】読書会なら「自然に出会える」は本当?実際に参加して確かめてきました

今、婚活しないとなかなか結婚できない時代。パートナーをお見合いパーティーやマッチングアプリで探すのは当たり前となってきています。ただ、頭では理解していても、未だに抵抗感のある女性は多いはず。本音を言えば、やっぱり出会い系サービスは利用せず、生活範囲のなかで彼氏や結婚相手を見つけたいですよね。

女性のそんな「自然に出会いたい欲求が叶う」と今話題になっているのが、読書会です。これはその名の通り、本好き男女が集まって、交流する催し。2014年頃から静かなブームを呼び、新聞やビジネス系媒体でよく取り上げられています。読書会自体は研修で取り入れる企業も多いので、言葉自体はご存知の方々がほとんどでしょう。

本来は、シンプルに読書体験をシェアするイベント。しかし、初対面の異性と本の内容について熱く語り合うことができるため、ついでに恋の炎も燃え上がってしまうようなのです。「彼氏がほしいならまず読書会に行くべし」といった内容の恋愛コラム記事も数多く配信されています。

そんな読書会の数は、都内だけで70以上。なかでもカップル成立率の高さで有名なのが、日本最大規模の猫町倶楽部です。複数のメディアに取り上げられており、参加者数も100人以上のものがほとんど。公式サイトも厳かで、何だか期待できそう!

そこで、読書会で本当に自然な出会いができるのか確かめるため、三次元の彼氏を作るため、はりきって参加してみました。この記事ではまず、体験してわかった噂の真相をお伝えしたいと思います。ぜひ、結婚したくても積極的に出会い系サービスを利用できない女性は参考にしてみてください。

課題本は前日までにしっかり読んでおくべし!

筆者が参加したのは、猫町倶楽部の特別イベント。ちょうどそのとき、ビジネス書『「逃げ恥」にみる結婚の経済学』が発売されたばかりだったため、著者の白河桃子さんと是枝俊悟さんのおふたりの講演付きのものでした。

『「逃げ恥」にみる結婚の経済学』10月26日に発売されました。

白河桃子さんといえば、「婚活ブーム」の生みの親として知られる少子化ジャーナリスト。是枝俊悟さんは、第一線で活躍するエコノミストでありながら、育休の取得など家事や育児にも熱心に取り組むイクメンエコノミスト。おふたりの記事は何本も読んだことがあったので、申し込み時点で期待度MAX!

肝心の本の内容は、大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の舞台をベースに、現代の結婚を豊富なデータと経済の視点で紐解いたもの。主に家事労働の経済価値についての話で、ドラマを見ていなくても面白いけど見ている人には制作秘話を覗き見したような錯覚に陥る一冊でした。

ただ参加費を払えばいいわけではなく、参加の条件は課題本の読了及びドレスコード遵守。どんなに忙しくても、前日までに読んでおきましょう。ちなみに当日の指定ドレスコードは白・ピンク・ブルー3色コーディネートか、大人の恋のどちらか。大人の恋はどんな服を着るものなのかわからなかったため、当日は白いスカート、ピンクのセーター、ブルーのクラッチバッグというコーディネートで参加しました。

1 2
セカンド アプリ 派遣女子 恋愛運 派遣 恋愛 時短 iPhone 貧困女子 不倫 浮気事件簿 結婚 金運 美人探偵 アラサー アラフォー 婚活 恋愛講座 運勢 占い
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!