【ホンキの彼活日記】ハイスペ男子が求める“気遣いができる女性”って?〜その2〜

【ホンキの彼活日記】ハイスペ男子が求める“気遣いができる女性”って?〜その2〜

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、33歳です。

「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった……」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた“本気の彼活”中!これまでのお話はコチラ

 

先週は、年収1400万の外資系企業に勤める、同級生くんとそのお友達2人と友達飲み。新しい恋の出会いではなかったけれど、その代わりに男の本音をたっぷりと聞くことができました。盛り上がったのは“女性の気遣い”について。みんな「気遣いができる女性が好き!」というけれど、それってサラダの取り分け……っていう単純な話じゃないのだとか。一体彼らは何を求めているのでしょう!?~その1~はコチラ

 

“気遣いすること”をタスク化している女性

「“気遣いすること”をタスクとして処理している女性も、なんか違うんだよね」

彼らが最近知り合った女性で、ハイキャリアで美人な女性がいるそうなんです。外資系の化粧品メーカーに勤めるアラサー女性で、いわゆる仕事がデキる女性らしいのですが、一緒に飲んだり、食事をしていたりしても、お酒がなくなればすぐにお店の人を呼ぶなど、気遣いは完璧。これが会社の接待だったら、“超優秀”という評価で間違いないのですが、”モテ”の見地から見たら、「ちょっと、違う」のだと言います。

何が違うか?というと、〜その1〜の話でもあった「気遣いの目的」から少しブレていて、彼らが言うには「なんでもテキパキこなせる、デキる自分が好き」っていう風に見えるのだとか。現にこの女性、身の回りの気遣いは完璧なのですが、会話をするときに、少し口調がキツく、思ったことをそのまま口にするので、場が凍りつくことも度々あるのだそう。さらに高学歴、ハイキャリア、高年収からくる「上から目線」が、少し鼻につくのだとか。

「結局相手を思いやって“気遣いのできる女性”であれば、相手が不快になるようなものの言い方とかはしないと思うんだよね。それで言うと、気遣いを相手のためでなく、自分のためにやっている女性?ってことになるのかな。なんか、こういう女性は、僕が求めてる“気遣いができる女性”じゃないのかも」と経営者くん。

ここまで話してて、思ったのは「よく見てるなぁ」ということ。男性って、なんだかんだいって、いわゆる“モテテク”を得意とする女性にころっといくものだと、どこかで思ってましたが、そんな単純な面と冷静な面を両方持っているみたいなんです。

「いや、昔はもっと単純だったけれど、仕事をしてきて社会人として成長してくると自然と人を見る目が養われるんだよね」とも言っていましたが、全くその通り。彼らみたいに稼いでいる人ほど、人を見る目は厳しそうな感じがします。

1 2
アプリ 占い 婚活 美人探偵 恋愛運 派遣女子 時短 アラサー 派遣 運勢 恋愛 恋愛講座 不倫 金運 貧困女子 アラフォー 結婚 iPhone 浮気事件簿 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!