【ホンキの彼活日記】高収入男子に選ばれる女子とは?年収1400万の外資系企業に勤める経営コンサルタント34歳が彼女を選んだ理由〜その2〜

【ホンキの彼活日記】高収入男子に選ばれる女子とは?年収1400万の外資系企業に勤める経営コンサルタント34歳が彼女を選んだ理由〜その2〜

 

こんにちは。フリーエディター&ライターのフルタアミ、33歳です。「学歴も年収も肩書きも、何もかも満足できなかった…」。歳下のホタテくんと別れ、結婚を視野に入れた本気の彼活中! 〜これまでのお話はこちら〜

年収1400万円、某外資系企業に勤める経営コンサルタント34歳で出身大学は慶應大学。昔から仲良しの同級生くんに聞いた恋愛に関する本音。「お金稼いでいる男性と付き合いたいなら、ジムに通え」とすすめられて入会したのが、前半の話(〜その1〜はコチラ)。後半は、彼が彼女を本格的に「いいなぁ」と思った理由についてです。これがとっても興味深いお話でした!

自分がどうなっても、ついてきてくれる子がいい

会社をクビになって自分の収入がなくなるかもしれない。大企業に勤めている彼というラベルも明日にはなくなるかもしれない。そんな状態になっても自分についてきてくれる子がいい。

この手の話、よく聞きますよね。何年か前に、超セレブな男性に結婚を前提に交際を申し込まれて、玉の輿かと思いきや、男性が数十億円の借金を抱えるまでに転落。それにもかかわらず結婚を決めた女性の話が話題になっていましたが、このとき私のSNS上でありとあらゆる男性(特に経営者が多かった)が、この話に「素晴らしい!」と言及していたのが、印象的でした。

お金を稼いでいる男性は、自分の稼いでいるお金やスペック目当てに女性がたくさん寄ってくるでしょうから、そこに対して警戒心が強いのが事実。同級生くんも、やはりここは同じことを言っていました。

「今は会社員だけど、将来的には自分で会社を興したいなって思っていることもあって。でも、そうなるとリスクもあるし、今よりも収入が減る可能性もあるし、そうなったら当然デートにかけるお金も減るかもしれないわけで。そうなったときに文句言わず、応援してくれる子じゃないと付き合えないなぁって思う」

今の彼女は、彼が何をしようと文句を言ってこないタイプだそうですが、同級生くんの元カノは「会社を辞めて、何か自分でしたい」と言ったら激怒したそうで。「別れて正解だった」と言っていました。

同級生くんが言うには、この2人の違いは、考え方が「表面的な女性か、本質的な女性か」だそうです。

表面的な女性か、本質的な女性か

「自分がどうなっても、ついてきてくれる子がいいって思うのは、やっぱり今自分が持っている収入や肩書きじゃなくて、内面に目を向けてくれているのかどうか?ってところなんだよね。そこを好きでいてくれているのかどうかは、とても慎重に見てしまうかもしれない。

今自分が手にしているものは、自分の努力で手に入れてきたもの。それを変な話、タダで甘い汁を吸おうって考えの女性には渡したくないっていうのがある(笑)」

だから、彼の中で自然と「表面的な女性か?」「本質的な女性か?」という区分けができて、どちらの女性か?が見極めポイントになっているんだそう。持っているお金とか肩書きに惹かれるタイプなのか、そうじゃないもっと人の本質的なとこを見ようとするタイプなのか?

1 2
アプリ アラサー 占い 恋愛運 運勢 金運 派遣女子 浮気事件簿 セカンド 時短 不倫 婚活 恋愛講座 恋愛 iPhone 結婚 貧困女子 美人探偵 派遣 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!