【アプリ婚】「この人と結婚したい!」と思った“決め手”は何だったのか?~その1~

【アプリ婚】「この人と結婚したい!」と思った“決め手”は何だったのか?~その1~

こんにちは、新里 碧(にっさと みどり)です。現在34歳で、2016年10月まで広告代理店でOL をしていました。昨年2017年2月に結婚をしたのですが、出会いはなんと、iPhoneのお見合いアプリ。そんな私の体験談をハウツーも交えながらご紹介するのがこの連載です。これまでの【アプリ婚】はコチラ

☆☆☆

アプリ婚活をしている友人からよく聞かれる質問の中に、「たくさんいる男性の中で、結婚した旦那さんに『この人と結婚したい!』って思った“決め手”って何だったの?」というものがあります。

確かに婚活をしている中でたくさん男性と会っているうちに、「この人でも良いのかも?」「いや、そう思ったらこの人でも良いのかも?」「やっぱりビビっと来てないから、全員ナシ?」……と決め手がわからなくなってしまうこともあると思います。(私の場合、そんなに選べるほどうまくいかなかったのですが……)

もともと結婚願望は強い方ではなかったのですが、「まわりも結婚してきているし、いつかは結婚しなきゃいけないのかも」という強迫観念のようなものは感じていたのと、彼氏いない歴3年の孤独感から「結婚よりもまず彼氏が欲しい」と思っていました。

なので、まずは「この人と付き合いたいな」と思った“決め手”から、付き合ってから「この人と結婚したい!」と思った“決め手”をご紹介します。

ただし、今回お話しする“決め手”は、あくまでも私の場合なので、これが正しいとか、こうすれば安心というものではありません!お見合いアプリで結婚した一人の例として見ていただければと思います。

まずは、対面で会って話してみて、「この人と付き合いたいな」と思った“決め手”は、こんなところでした。

共通の趣味があった

女性はゲームに興味ないものだと思っていたそう

会ってみてわかったことですが、お互いに“ゲームが好き”という共通点がありました。

夫は仕事もゲーム会社勤務だったので、初対面でそれを知った時は、あまりの私の食いつきに若干引いていた気すらします。私に会うまで何人かお見合いアプリで女性に会ったけど、そこまでゲームに興味がある人は初めてだったそうで、ビックリされました。

お互いの最近のイチオシのゲームの話や、幼い頃にやっていたゲームの思い出の話など、初回の食事の最初の1時間くらいはずっとゲームの話をしていたような気がします。

その後、付き合い出してからは、お互いの家からオンラインゲームを繋いで一緒に遊んだりしていました。

お互いの境遇に共感できるところがあった

お互いに一人っ子だったり、女子校・男子校出身だったり、複雑な家庭環境だったり……話していくと、育ってきたバックグラウンドに色々な共通点が見つかりました。

自分の中で、「性格や価値観の形成に大きく影響したなぁ」と感じていた部分が、相手にも共通した部分を見つけたことで、一気に親近感がわき、心理的な距離が縮まった気がしました。

収入や転職回数など、仕事面でも共通点が

仕事とお金の価値観って結構大事ですよね。

働いている業界は全く別の業界でしたが、新卒で入った会社を4年ほどで退職してフリーランス(夫はワーキングホリデー)の経験を数年したこと、現在の会社が2社目で収入もほぼ同じでした。

新卒の会社を辞めたときの心境や、フリーランス(ワーキングホリデー)の時の手探りでやっていく感じなど、「わかるー」と言い合う部分が多く、ゲームの話同様に仕事の話も盛り上がりました。仕事に対する考え方に共感できたのも大きかったです。

また、収入がほぼ同じだったため、金銭感覚もあまりずれることがありませんでした。エリアこそ違いますが、住んでいる家の家賃の価格帯もほぼ同じで、間取りやアパートの築年数も同じでビックリしました。「ピカピカのマンションで狭いところよりも、古くても広々している家が良いよね」「畳とバランス釜って、人気無いけど結構良いよね」といったように、家に対する価値観が合うとわかったことも嬉しかったです。

1 2


アラサー 不倫 時短 恋愛講座 アラフォー 占い 恋愛運 婚活 浮気 アプリ 恋愛 浮気事件簿 金運 その1 貧困女子 美人探偵 運勢 キャリア セカンド 結婚
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ

  • Information
    シャアしてね!
    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

    ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。