【アプリ婚】チャンスを逃さないためには、“思い込み”を捨てよ!~その1~

【アプリ婚】チャンスを逃さないためには、“思い込み”を捨てよ!~その1~

こんにちは、新里 碧(にっさと みどり)です。現在34歳で、2016年10月まで広告代理店でOL をしていました。昨年2017年2月に結婚をしたのですが、出会いはなんと、iPhoneのお見合いアプリ。そんな私の体験談をハウツーも交えながらご紹介するのがこの連載です。これまでの【アプリ婚】はコチラ

☆☆☆

婚活中はポジティブな情報、ネガティブな情報、様々な情報が入ってきますよね。

私は情報に踊らされやすいタイプだったので、「男性は清潔感のある紺色の服に好感を持つ」という情報を見ては紺色の服を着て、「ダークな色の服は初対面の人にキツい印象を与えるので、明るい色の服を着るべし」という情報を目にしては、そっとしまったりしていました。

自分の経験を思い出してみても、友人たちの経験談を聞いていても、婚活の場では“思い込み”がけっこうなクセモノだということがわかりました。

第三者として聞いていると「その人、なかなか良い人じゃん!」と思うのに、「会った時の印象は良かったけど、相手から食事に誘うメッセージをくれなかったのがやっぱり無理。男性が努力をしない関係は幸せになれないって言うし……」という風に、「一体誰がそんなこと言ったの?」という情報にガチガチにしばられている人が結構います。

思いこみや先入観で相手の本質的なところに目がいかず、チャンスを逃していませんか?

今回は、そんな思いこみから脱却する為のポイントをご紹介したいと思います。

知っているもの、有名なものにとらわれない!

やっぱり有名な方が良い?!?

お見合いアプリを始めた時、男性のプロフィールを眺めて「思っていたよりも“普通”の人が多いな〜」と安心した反面、“出身大学:東京大学”とか“○○商事勤務”とか“弁護士”とか明らかなブランドを記載している人の多さにびっくりしました。

それまで自分のまわりにはいなかった、プロフィールに有名ブランドがある男性たち。いったいどんな人なんだろう…とプロフィールを見てみると、やっぱり女性からの“いいね!”の数が多い印象でした。確かに、誰にでもわかる有名大学や有名企業は、“わかりやすい安心感”があります。交際の末、結婚することになって、親御さんや周囲の方に紹介する時も「お見合いアプリで知り合った人なんだけど、○○商事勤務なの」と言えば、「お見合いアプリ!?何それ!」となるはずのところを“○○商事勤務”が打ち消してくれるかもしれません。

プロフィールから入るお見合いアプリでは、そういったブランド力が威力を発揮してしまう傾向があるように思えます。

ただ、“自分に本当に合った相手”を探している時は、そのブランドからは一旦目を離して、他の部分(例えば、趣味や価値観、人生観など)に注目することをオススメします。

そのなかで、あなたの知らないこと(職業、出身地域、趣味など)が出て来たとしても、そこで「知らないから、やめよう」とすぐに離れずに、“知らないこと”をポジティブに捉えて、ほんの1分で良いので、興味を持って調べてみるようにしてみてください。そうすることで視野が広がり、あなたの“OKゾーン”も広がることでしょう。

1 2
恋愛運 アラサー 時短 婚活 iPhone 派遣女子 セカンド 美人探偵 アラフォー 占い 貧困女子 派遣 金運 恋愛 運勢 浮気事件簿 不倫 アプリ 結婚 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!