【浮気事件簿】ファミレスナンパから始まった職場結婚……略奪された美貌の研究員と4人の男の交差する願望~その2~

【浮気事件簿】ファミレスナンパから始まった職場結婚……略奪された美貌の研究員と4人の男の交差する願望~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評のある、リッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情を紹介するこの連載。今回の依頼者は、化学メーカーに勤務している川村幸子さん(仮名・35歳)。結婚2年になる同じ年の旦那様の浮気を疑い、私達のカウンセリングルームにいらっしゃいました。

その1はこちら

☆☆☆

一通り話した後で、幸子さんのスマホが電話の着信でブルブルと震えました。画面を見ると“兄1”とあります。幸子さんはハンズフリーにして電話に出ると「さっちゃん、今探偵さんと相談しているんだろう。今から行ってもいいか?」と元気な声が聞こえます。

その30秒後、カウンセリングルームのインターフォンが鳴り、2人のお兄様が来所され、しんみりしていた空気が一転、にぎやかになりました。

「探偵さん、妹は小さい頃から真面目一辺倒の女で、気が弱く、まさかあんな男と結婚すると思っていなかったんです。このままでは、妹はずっと浮気で悩んだまま、離婚するにもできず、寂しいおばあちゃんになってしまう。今ならまだ取り返しがつきます。きちんと調査をしてください」

2人のお兄様から、幸子さんの幸せを願う気持ちを聞きながら、早速調査計画を立てることにしました。すると、お兄様が幸子さんの元彼に電話。すると、元彼は旦那様の勤務予定表をすでに手に入れているとのことでした。

幸子さん、旦那様、そして調査に協力する元彼……全員が同じ会社という調査は、今までにしたことがありません。元彼の全面協力のもと、調査に入ることにしました。

張り込みは、東京郊外にある研究所の通用門から始まりました。広大な敷地に出口が数か所ある中で“ここだ”という場所で見張ります。すると、18時過ぎに、長身で足が長い男性が出てきました。黒いデニムにライダースジャケットを羽織っており、遠目に見てもカッコいい。最寄り駅まで行くバスに乗ります。このバスは、近隣の研究所や工場関係者しか乗らないために、探偵が乗ると目立ってしまう可能性があります。なので、私達は探偵カーでバスを追跡。

駅に着くと、喫煙所でタバコを吸い、ブラックの缶コーヒーを開けて、一気飲み。その姿がいちいちサマになっています。耳に白いワイヤレスイヤホンをさしており、曲に合わせて少し体を揺らしています。それから、都心方面の電車に乗り、新宿駅で下車しました。

新宿にある古いマンションへ。至近距離を制する小道具を持ち、探偵も大胆に潜入

1 2
時短 アラフォー 婚活 アラサー 恋愛 結婚 貧困女子 恋愛講座 派遣女子 アプリ 運勢 美人探偵 セカンド 不倫 浮気事件簿 金運 iPhone 派遣 占い 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!