【浮気事件簿】泥棒夫の小遣いは5000円!格差婚・家事放棄の束縛妻が見た新品の下着~その2~

【浮気事件簿】泥棒夫の小遣いは5000円!格差婚・家事放棄の束縛妻が見た新品の下着~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評のある、リッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情を紹介するこの連載。今回の依頼者は、外資系銀行の法人営業部に勤務する吉田明子さん(仮名・34歳)。結婚3年になる、天ぷら職人の旦那様の調査依頼です。

☆☆☆

調査予定日の早朝、明子さんからLINEがあり、そこには「バッグの中に、新しいパンツと靴下を入れています。証拠をつかんでください」とありました。朝、9時ごろに家から出てきた旦那様は、自宅近くの駅に向かいます。喫煙所でタバコを2本吸ってから電車に乗りました。

向かっている先は、旦那様の実家がある駅の方向。電車の中で旦那様の様子を見ると、細マッチョ体型に塩顔で、よく見るとカッコいい。明子さんより3歳年上ですから、37歳なのですが、年齢よりも若く見え、着ているTシャツもイタリアのカジュアルブランドのもので、旦那様によく似合っています。

地元の駅で下車し、タバコを吸いながら、誰かを待っている様子の旦那様。その時の時間は9時50分だったのですが、「これはクルマで移動になる」と確信し、私達は近くのカーシェアリングサービスで空いているクルマを予約。駅のロータリーで待機しました。

すると、セダンタイプの古い国産車がやってきて、旦那様をピックアップ。後部座席のヘッドレスト部分にレースのカバーがかけられていたので、年配の方のクルマのようでした。

クルマは山中湖方面に向かい、ある別荘の車庫に入りました。出てきたのは、依頼者・明子さんと似ても似つかぬ、でっぷりと太った女性。肌が白くぽちゃぽちゃしており、ヘアスタイルは肩までのセミロングで毛先を巻いています。かわいらしい風貌をしていましたが、車線変更を頻繁に行なうなど運転がかなり荒かったです。そこに彼女の激しい気性が出ているのでは……と、私たちは推測。

荷物の積み込みなども積極的に女性が行なっており、旦那様に対して「いいのよ、ゆっくりしていて」と甘い声で言っていました。おそらく、明子さんから課された毎月のタスクに追われている旦那様には、この言葉はグッとくるはずです。

その夜はこの別荘に泊まり、翌日は2人で観光デート。手もつながず、楽しそうに歩いていました。オーベルジュでランチをしたのですが、2人で5000円近いランチ代も彼女が払っていました。旦那様は、お金がある女性に甘えるのが得意な性格なのだとわかりました。

2人は人前では絶対にいちゃいちゃしない。その理由とは……

1 2


運勢 貧困女子 アプリ 恋愛講座 占い 美人探偵 恋愛運 結婚 金運 アラサー 浮気 アラフォー 時短 浮気事件簿 セカンド 婚活 占星学 iPhone 不倫 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。