Oggiエディターの三尋木奈保さんに聞く!堅実女子の初夏の通勤スタイル、必須アイテムの選び方

Oggiエディターの三尋木奈保さんに聞く!堅実女子の初夏の通勤スタイル、必須アイテムの選び方

湿度が増し、日差しも強くなり始める初夏。でもオフィスに入ると冷房がキツい……。この季節の通勤スタイルは、いつもにも増して「何をどう着ていくべきか」悩みがち。きちんとした印象を作りつつもおしゃれに見えるスタイルを、雑誌『Oggi』で活躍するファッションエディターの三尋木奈保さんに教えていただきます。

第1回は、初夏の通勤スタイルに加えるべきアイテムについて。「スーツを着るとダサ見えしちゃうから苦手……」という人必見です!

☆☆☆

トレンドの“ジャケパン”を味方に付ければ間違いなし!

スーツってちょっと堅苦しくて、とくにパンツスーツは「きちんとみせるために仕方がなく着るもの」というイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、最近では、色味や素材感がおしゃれで、かつビジネススーツとして通用するものが、各ブランドから数多く登場しています。色味で言うと、カーキやベージュ、派手過ぎないサックスブルー、素材感で言うと、とろみのあるものや、リネン混のコットンなど。センスを感じさせつつ、ビジネススーツの男性と並んだときにも親和性が高い。“女性が着る意味のある”パンツスーツ。そんなアイテムを選べば、通勤も仕事も、もっと楽しくなるのではないでしょうか。

パンツスーツといっても、セット売りされているわけではなく、ジャケットとボトム、単品で購入できるものも増えています。Oggiでは「ジャケット×パンツ」の着こなしを総称して“ジャケパン”と呼んでいますが、これがオススメ。それぞれを着まわすこともでき、コーディネートの幅も広がりますし、合わせたときの着丈などのバランスが整っているので、セットで着れば、それだけでおしゃれが決まりますよ。

通勤“ジャケパン”の選び方は?

まず、価格ですが、ジャケットなら1万円台、パンツなら1万円しないくらいの価格から探せます。たとえば、ここ数年、働く女性のデイリーアイテムに力をいれているGreen Label Relaxing。Oggiでも人気ですが、ジャケパンのバリエーションが本当に豊富。パンツの後ろがゴムになっていたり、ホームクリーニングできるものだったり、着心地がよくお手入れがしやすいジャケパンを選びやすいと思います。

選び方のポイントとしてはいくつかあります。まずはジャケット。ノーカラーの場合は、フロントがV開きのものが使いやすいです。テーラードジャケットから「襟」を取り外したようなデザインが、最近多く出ています。Uネックだと、ちょっぴりひと昔前の印象に見えてしまうかも。丈は腰骨が隠れるくらいの少し長め、ウエストがシェイプされていない、すとんとしたシルエットなら、スタイルカバーができると同時に、今っぽいこなれ感が出せます。

パンツは、くるぶしが少し見えるくらいの丈を選ぶと華奢に見えて、真面目っぽさは損なわずに、女性らしさも感じさせてくれます。太さは細身のストレートだと、スッキリ見えます。私は、ファッションアイテムをチョイスしたりコーディネートを考えたりするときの基本は、「自分が着てみて、より痩せてみえるものがいい」と思っています。今期、お揃いのジャケットがセットできる“ジャケパン”のパンツは、たいがい美脚ラインになっています。計算いらずでスタイルアップができますよ。

1 2
iPhone 運勢 恋愛講座 占星学 アプリ 金運 アラフォー 美人探偵 不倫 派遣女子 アラサー 時短 浮気事件簿 婚活 派遣 占い 恋愛運 恋愛 結婚 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!